DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase プラグインエフェクト

音を左右に動かそう:Autopan(オートパン)をかけよう

更新日:

前回は、MIDIインサートでオートパンを使用する方法を説明しました。

本日は、ソフトウェア音源にオートパンをかける方法をお教えします。

今回は、CUBASEに付属の音源、HAlion One(ハリオンワン)で説明しますね。
※Halion Sonic SEやその他ソフト音源でも同様に使用出来ます。

オートパンのかけ方

まずは、音源を出して

下記のHAlion Oneのトラックをクリックしてください。

HALIONONE.jpg
そうしたら、インスペクター(左の部分の呼び名)に、

HAlion Oneの情報が表示されると思います。

  • インサート
  • EQ
  • Sends
  • チャンネル
  • ノートパッド

この中のインサートをクリック

下記矢印のところで、左クリックしてみてください。

HALIONONE2.jpg

そうすると、プラグインエフェクト一覧が表示されると思います。

 

その中の、

Modulation

Autopanをクリック

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

HALIONONE3.jpg

CUBASE 付属の AutoPanです。

調整するつまみは多くありません。

Width これは、左右の音の広がりを調整します。

Width下の波形は、音の揺れ方を選びます。

Rate(レイト) これは、音の速さを調整します。

Sync(シンク) これはCUBASEのテンポに同期させるボタンです。

 

調整したら、音を聴いてみて下さい。

音が左右に動きましたか。

エレクトリックピアノやシンセパッドなどの音色に、オートパンをかけると効果があります。

 

さいごに. 音を動かして変化をつけよう

オートパンは比較的よく使用するエフェクトなので、覚えておいてくださいね。

関連記事:Cubase サイドチェインの使い方【EDM必須】

dtmメソッドモバイル

-Cubase, プラグインエフェクト

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.