DTMメソッド

*

オーディオファイルの作り方(ミックスダウン)

   

MIXDOWN(ミックスダウン)は、オーディオファイル(音の波形、オーディオサンプル)を作るときに使用する機能です。

曲作りの作業をする上で、何度か行う工程です。

今回は、CDに焼くためのオーディオファイル(2Mix)を作る際の作業を元に、ご説明したいと思います。

 

1. Cubase オーディオファイルの作り方

さてやり方ですが、

まずは、オーディオファイルにしたい素材(Midiやインストゥルメントなどの各トラック)と、範囲を決めなければなりません。

たとえば、ピアノとドラムの音を1小節目から9小節目頭までオーディオファイルにしたいのであれば、以下のように設定します。

ピアノとドラムの音をソロモードに変更

1-1 ロケーターの設定

トランスポートパネルの赤い部分で、下記に設定。
※トランスポートパネルが表示されていない際は、メニューのトランスポート→トランスポートパネルで表示。

ロケーター設定

L : 1.1.1.0 この欄の数字をダブルクリックして1と入力

R : 9.1.1.0 同じくこの欄の数字をダブルクリックして9と入力

これは1小節目から、9小節目までをオーディオファイルにするという意味です。

 

設定をすると以下のようになると思います。

ロケーター範囲指定

設定が出来たら、次はメニューの

「ファイル」

「書き出し」

「オーディオミックスダウン」

すると下記のWINDOW(ウィンドウ)が表示されると思います。

1-2 オーディオミックスダウン書き出し設定

ミックスダウン

まずは、画面左上のレ点にチェック

次に右にあるファイルの名称という欄に、これから作るファイルの名前を入力します。
※あなたが後でオーディオファイルを見たときに、名前が分かるようにしておくと良いです。例でサンプル曲と入力しています。

パスは保存先ですので、クリックしてWindowが表示されたら、曲のプロジェクトフォルダーに、MIXDOWN(ミックスダウン)というフォルダを作ってください。※下記画面を参考にしてください

パスの選択

上記のように、MIXDOWN(ミックスダウン)フォルダーができたら、その中を開いて保存を選んでください。

 

1-3 ファイル形式

CDにする際は、WAVEファイルを選びます。

その他の項目は、すべてレ点を外します。

 

1-4 音質の設定(オーディオエンジン出力)

オーディオエンジン出力

下記は状況に応じて変更する必要がありますが、今回はCD用オーディオファイル制作ですので、まずはサンプリングレートを44.100khzに選択

【下記大切】

ビット深度は、オーディオCDに焼く場合は、「16Bit」を選択します。
オーディオCDにするのでなければ、32Bit float(フロート) または 24Bitにします。この部分の設定を間違えると、CDに焼く事が出来ませんので注意して下さい。

 

右4項目の設定

オーディオCDに焼くオーディオファイルを作る際は、モノラルダウンミックス、チャンネルを分割、左右チャンネル、実時間で書き出すのレ点を外します。

音質をそのままにしたい場合は、実時間で書き出すのみレ点を入れるとOK。

 

プロジェクトに読み込む のプール、オーディオトラック、新規プロジェクトを作成 は、それぞれレ点を外す。

その下の項目は、レ点を入れます。

上のように設定して、最後書き出しをクリックしたらオーディオファイルが完成です。

始めの部分で設定した パス のフォルダの中を見てください。

オーディオファイルがありますよ♪

 

まとめ. Cubaseでの2Mixの書き出し方を覚えよう

関連記事:WINDOWS MEDIAPLAYERでCDに焼こう!

関連記事:iTunesを使ってCDに焼こう!

記事が役に立ったら、フォローお願いします^^。

 - CUBASEの使い方

メソッド

メソッド

  関連記事

テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法
テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法

CubaseのTEMPO(テンポ)に関するやり方をご説明します。 ※Cubase …

CUbase ピッチベンドを使おう
Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

MIDI打ち込みをリアルにする際や、一部楽器の奏法を細かく入力する際に使用するP …

CUBASEでマーカトラックを使おう
CUBASEでマーカートラックを使おう

曲を作っていくと、AメロやBメロはどの小節から始まり、サビはまたどこから始まるの …

CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語
CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語

CUBASEには色々なDTM用語がありますが、その中でよく使われる機能や用語をお …

MIDIフレーズの小節数を変更する
MIDIフレーズの小節数(長さ)を変更する方法

生徒の質問を記事にしております。 生徒 先生お聞きしたいことがあるのですが、キュ …

以前作ったファイルの開き方
CUBASE以前作ったファイルとバックアップファイルの開き方

Cubaseは以前保存したプロジェクトを、再度開いて続きの作業を行う事が出来ます …

サウンドブラウザ-の使い方
サウンドブラウザー AudioやMidiファイルの使い方

Cubaseのサウンドブラウザーでは、オーディオファイルやドラムなどのMIDIパ …

フォルダトラックの使い方
フォルダトラックの使い方

曲を作っているとMIDIトラックやオーディオトラック、イントゥルメントトラックな …

CUBASE初心者講座
Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

Cubaseでは、色々な方法で作曲・編曲が出来ますが、色々な方法があるためにかえ …

曲のテンポを変えてみよう
曲のテンポを変えてみよう

どうもとおるです。 今回は、Cubaseでのテンポの変え方を説明します。 ※Cu …

Comment

  1. 猪俣最上 より:

    この記事のおかげでミックスダウンできました!!
    ありがとうございます。

  2. Yamada より:

    お世話様になります。よろしくお願いします。
    私の場合『できたら保存をクリック』を『書き出し』をクリックしています。内容は同じなのでこれでよいと思われます。『名前をつけて保存』のとき『書き出し』とその前の行程のものがいっしょに保存されています。『保存の仕方』や『整理の仕方』が問題なのかCD焼き付けに至りません。
    この質問は『PLAYREでCDを焼こう』でお願いしたことと関連がありますのでお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ