DTMメソッド

*

トラックネームの書き方

   

MIDIトラックやインストゥルメントトラック、オーディオトラックなどを作ったら、トラックの名前(トラックネーム)を入れる癖をつけましょう。
※Cubase Pro8.5からAIまで全バージョン対応内容

トラックネームの書き方

トラックネームは、赤い枠トラック上の名前が記入されている所でダブルクリックするか、インスペクターの表示下部分の名前が記入されている所で、ダブルクリックすると書き換えられます。

トラックネーム

トラックネームは左から

  • 音源名
  • チャンネル番号
  • 音色名

この順に書くと良いと思います。

 

Halion Oneのピアノを使っているのであれば、トラックネームは、「HO P」と書くと良いと思います。
※HOはHalion Oneの略。
※Pはピアノの略

追加記事:Halion Sonic SE2でチャンネル1に、ドラムを出しているのでしたら、「HS 1 Dr」と入力すると良いです。
※Dr

Halion Oneの場合は、シングル音源(一つの音源で、再生時に一つの音しか出せない)のチャンネル番号は書かなくてもいいですね。

追加記事:Halion Sonic SE2は、マルチ音源ですので、チャンネルネームは記載しておきましょう。

もしも、SampleTank3の、7チャンネルでStrings(ストリングス)を使っているのであれば、「ST3 7 St」と書くと良いと思います。

 

まとめ

トラックの管理は大切ですので、必ず記入してくださいね。

関連記事:Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

関連記事:マーカートラックのやり方を教えてください

 - CUBASEでMIDI打ち込み

メソッド

メソッド

  関連記事

BASSを入力する際のポイント②
CubaseでBASS(ベース)を入力する際のポイント②

前回のベース入力のポイント「 CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント …

キーエディターでMIDIノート入力
キーエディターでMIDIノートを入力しよう【音符と休符】

以前のMIDI入力の続きです。「CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】 …

MIDI打ち込みステップ入力
CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】

前回お話したのは、3種類あるMIDI入力の鉛筆を使った方法でした。「CUBASE …

BASSを打ち込む際のポイント
CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント

BASS(ベース)とは何か、ベースはドラムと一緒に演奏されるリズム隊の楽器で、形 …

トランスポーズ(移調させる)の方法
トランスポーズ(移調させる)の方法

今回は、入力したMIDIトラックのキーを変えたい場合に行う方法をご説明します。 …

音の長さの細かい調整方法
CUBASE 音の長さの細かい調整方法

今回は、打ち込みをする上で大切な、音の長さを調整する方法をご説明します。 ※Cu …

ドラム(Drum)のMIDIパートを分解
ドラム(Drum)のMIDIパートを分解

<ドラムのMIDIパート分解とは> 例えばバスドラムやスネア、ハイハットやクラッ …

cubase-track-icon
MIDIとInstrumentトラックの違いは

MIDIトラックとInstrumentトラックの質問を、分かりやすくまとめた記事 …

ソフトウェア音源を使ってみよう
CUBASEでソフトウェア音源を使ってみよう

ソフトウェア音源とは、パソコンにインストール(入っている)してある音源のことです …

音の強さ(ベロシティ)を調整しよう
Cubaseで音の強さ(ベロシティ)を調整しよう

音の強さのことを、MIDI用語では、ベロシティと呼びます。 キーエディターで、一 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ