DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase CUBASEの使い方

コードトラックの便利な使い方を覚えよう【Cubase】

更新日:

Cubaseで普段曲作りをしていて、コードを記載していますか。

コードを記入していないと、曲作りを再開した際に、MIDI打ち込みしたコードの流れが分からないので、アレンジがやりにくくないですか。

そんな事を解消してくれるのが、今回説明するコードトラックです。

コード自体をプロジェクトに記入するだけでなく、聴いたり、MIDIで簡単に変換したりできます。

そんなCubase7から加わった、このコードトラックの使い方を説明していきますね。

<Cubase 7 から 9まで対応記事>

スポンサーリンク

dtmメソッドモバイル

1. トラックの作り方

まずは、メニューバーの

プロジェクト

トラックを追加

コードをクリック

そうすると、下記のトラックが出てきます。

トラック表示

※トラックが出てくる場所は、選択しているトラックの下に表示されます。

コードトラックが表示されたら、m(ミュート)をしておいてください。

 

1-1 入力方法

まずは、コードを入力したい場所に、Xを記入しなければいけません。

Xの入れ方

Xの入れ方は、

Windowsでは、Altを押しながら左クリック

MACでは、alt(option)を押しながら左クリックです。

 

入力が終わったら、Xをダブルクリックすると、コードを記入できるようになります。

1-2 コード名別 入力方法一覧

下記が、コードエディター画面です。

コードエディター画面

通常のコード コードトラックでの入力
Cメジャー C + Maj
Am A + min
CM7 C + Maj + j7
Am7 A + min + 7
G7 G + Maj + 7
Gsus4 G + sus4
CM79 C + Maj + j7 + 9

 

オンコード/分数コード コードトラックでの入力
FM/G F + Maj + 右の列のG
Dm7/G D + min + 7 + 右の列のG

 

コードを入力した後、右上の ←で 前のXへ移動、→で 次のXへ移動しますので、続けてコード入力することが可能です。

※Cubase(キューベース)8、8.5、9のみ対応

 

1-3 Chord Assistant

コード進行を作る際に、参考になるコードを探すことの出来る機能が、

Chord Assistant(コードアシスタント)です。

コードアシスタント画面

終止形や共通音、近接コードや5度圏などからもコードを予測して設定できますが、逆にコード理論がある程度分かっていないと、使用が難しい機能部分です。

もしも、コード理論の基本を覚えたい人にオススメサイト
DTM音楽理論講座

 

1-4 コピーをするやり方

入力したコード進行をコピーしたい場合は、

まず、ドラッグ(マウスで囲む)したあと

Windowsは、Alt + 左クリックを押しながらコピーしたいところへ持っていき、左クリックを離す。

MACは、alt(option)+ 左クリックを押しながら移動して左クリックを離す。

全体の調整

 

1-5 MIDIに変換しよう

入力したコードを選択し、MIDIトラックの上に移動すると、MIDIでコードが出来ます。

同時に選択すると、一度にMIDIに変換することが出来ます。

 

2. 入力した音を聴くには

コードトラックは、入力したコードを再生することも出来ます。

モニターしているトラックを使用

再生する際は、PIANO(ピアノ)などコードが分かりやすいトラックを作りトラックネームを入れます。

トラックネームの書き方

赤い枠の、モニターしているトラックを使用という部分をクリックし、PIANO(ピアノ)などが再生されているトラックを選択します。

そして、左の、m(ミュート)を外して再生してみてください。

鳴りましたか♪

 

さいごに コードトラックを活かした曲作りをしよう

コード進行を入れておくのは、後で曲作りを再開した際に、以前のコード進行を思い出したり、しやすくするためにあります。

コードを入れていないと、再度MIDIを見て分析するのが面倒になりますので、常に入力することをオススメしますよ。

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

おすすめ記事:フリーで使える便利なオススメプラグイン

dtmメソッドモバイル

-Cubase, CUBASEの使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.