DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASEでMIDI打ち込み

Cubaseで音の強さ(ベロシティ)を調整しよう

音の強さのことを、MIDI用語では、ベロシティと呼びます。

キーエディターで、一括でベロシティを調整する方法をお教えします。

※Cubase8.5以下、全バージョン対応内容です。

1. 設定したベロシティに調整するやり方

下記画面は、元の音の強さ(ベロシティ)です。

keye.jpg

 

1-1 鉛筆入力やステップ入力などで入力される数値

まずは、入力する際のベロシティの数値ですが、キーエディター内の下記の部分で設定できます。

key3.jpg

数値は、1(弱) ~ 127(強)の間で設定します。

 

次に、ベロシティを調整したいMIDIノート(MIDIデータ)を選択します。

もしも全部のMIDIノートを調整するのであれば、入力キーボードの「 Ctrl + A 」 を押せば全部選択されます。

Cubaseのショートカットキーは:CUBASEで便利なショートカットキー【大切】

 

1-2 一括で数値を調整する方法

メニューの中の、

MIDI

機能

設定したベロシティに変更をクリック

すると、下記のように音の強さ(ベロシティ)が調整されます。

key2.jpg
色の違いが、音の強さの違いになります。

弱い 強い
1 127

 

試してみてくださいね。

まとめ. MIDIノートを簡単に調整する方法を学ぼう

Cubaseは、色々なショートカットがありますが、今回のショートカットはよく使用する機能です。

使い方をしっかりと覚えて行きましょう。

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

関連記事:CUBASEでの3つのMIDI打ち込み

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-CUBASEでMIDI打ち込み

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.