DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASE設定

CUBASE6.5・ARTIST6.5発売メリットはあるのか

更新日:

大体2年スパンで、バージョンが上がっていくので、そろそろCUBASE 7がリリースされるかなと思っていたら

CUBASE6.5がリリースされました。

今回のバージョンアップのメリット

今回は、2つのプラグインシンセ

アナログ系のシンセと

グニャラーシンセが付いて、なおかつ、FLAC(フラック)ファイルフォーマットに対応しましたね。
※CUBASE6.5のみ 

 

WAVEファイルを取り込めるので、わざわざFLAC(フラック)を取り込む必要はないように思いますが、今回のポイントは書き出しですね。

他の変換ソフトで、WAVEからMP3に変換するよりも、CUBASEで最初にMP3を作ったほうが音質面での利点があるのと同様に、おそらく上記のことが、FLAC(フラック)ファイルでもあると思うので、上記の件含め、その他このファイルフォーマットは色々な利点があると思います。

 

ところで、今回付いた2つのシンセですが、

Retrologue(レトロローグ)

※下記は、Steinbergサイトから抜粋

・バーチャルアナログエンジン: 8ボイスオシレーターx2 + サブ / ノイズオシレーター

・300プリセット: 時代を超えた定番アナログサウンド

・フィルター: 12種類のシェイプ、ディストーション、ADSR

・LFO x2、アンプエンベロープ

・モジュレーションマトリクス: 10ステージ、Note Expression 対応

・モノ&ポリモード: レガート、グライド搭載

・FX セクション: コーラス / フランジャー、ディレイ

なるほど2系統のオシレータですか。他の機能は当たり前の機能が付いている感じですね。

これからCUBASEを購入される人や、アナログシンセを持っていない人には、重宝するかもしれませんね。

 

PADShop(パッドショップ)

・グラニュラーシンセシスエンジン::独立2レイヤー + オシレーター

・400以上のプリセット:臨場感溢れるパッド、時間と共に進化するテクスチャー

・最大8グレインストリーム / オシレーター: 豊かで変化に富むサウンドを構築

・豊富なグレインサンプル::カスタマイズや一からの音づくりに対応

・モジュレーションマトリクス:10ステージ、Note Expression 対応

・ステップモジュレーター:リズミカルなコントロールシーケンスを作成

・FX セクション:コーラス / フランジャー、ディレイ

 

PAD系の音色は、非常に重宝するのでいいですね♪

しかし上位版のCUBASE6.5のみとは、ARTISTにもつけてあげればいいものを、、、

まあそうしたのは、CUBASE6.5(上位版)を購入してもらうためだとは思いますが、、、

しかし、CUBASEの付属の音源は、他のシーケンスソフト(DAW)SONARやPROTOOLS、LOGICなどと比べて、見劣りしていたのですが、少し良くなった感がありますね。

Japan Steinberg

 

さいごに

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

関連記事:パソコンやMacを安定化・高速化しよう

dtmメソッドモバイル

-CUBASE設定

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.