DTMメソッド

*

CUBASE 音の長さの細かい調整方法

   

今回は、打ち込みをする上で大切な、音の長さを調整する方法をご説明します。

※Cubase8からLE AI8まで全バージョン対応内容

1. MIDIノートの音の長さの微調整をしたい

生徒の質問

複数の音符(Gatetimeは均一でない)の音の長さ(Gatetime)を、すべて10tick(ティック)短くする操作方法を教えてもらえますか。

弦もの(ベースとかギター)の楽器の音と音の間、指が弦に触れるときに、音が切れるところを作るためです。

よろしくお願いします。

 

2. Tickを使って音の長さを細かく調整する方法

メールの件ですが、

Tickで音の長さを調整するには、キーエディター内(MIDI編集画面)の、左上にある ウィンドウレイアウトの設定 と言うところを左クリックして、

※下記場所windowlayout.jpg
その中の 情報ライン と言うところに、レ点を入れてください。

 

次に、同じキーエディター内(MIDI編集ピアノロール画面)の、左上に 長さ という欄(下記画像)がありますので、

time length.jpg
赤い矢印の、数字の上でマウスのホイールを動かすか、または、数字を入力すると、Tick(ティック)で長さを調整できます。

調整する際、一度に同じMIDIノートを選んでから同じ部分でTickの調整を行うと、全部のMIDIノートに対して同じだけの長さを調整する事が出来ます。

 

3. マウスでの細かい調整方法

3-1 音の終わりを調整する方法

調整したいMIDIノートの右端へ持って行き、Ctrl押しながらマウスの左クリックを押して、左に動かすと音の長さを短く調整出来ます。

MIDI note end

 

3-2 音の始まりを調整する方法

調整したいMIDIノートの先頭へ持って行き、Ctrl押しながらマウスの左クリックを押して、右に動かすと音の頭の長さを調整出来ます。

MIDI note start

とても便利ですので、しっかりと覚えてくださいね。

 

さいごに

MIDIノートの長さを変えることは、音に自然さを加えることになり、より高度な打ち込みをする事の第一歩です。始めは慣れないと思いますが、徐々に覚えて技術を向上させましょう。

関連記事:音の強さ 長さを調整する 情報ライン(大切)

関連記事:CUBASEでマーカートラックを使おう

 - CUBASEでMIDI打ち込み

メソッド

メソッド

  関連記事

音の強さ(ベロシティ)を調整しよう
Cubaseで音の強さ(ベロシティ)を調整しよう

音の強さのことを、MIDI用語では、ベロシティと呼びます。 キーエディターで、一 …

cubase-track-icon
MIDIとInstrumentトラックの違いは

MIDIトラックとInstrumentトラックの質問を、分かりやすくまとめた記事 …

トランスポーズ(移調させる)の方法
トランスポーズ(移調させる)の方法

今回は、入力したMIDIトラックのキーを変えたい場合に行う方法をご説明します。 …

CUBASEでの3つのMIDI打ち込み鉛筆入力
CUBASEでの3つのMIDI打ち込み方法【鉛筆入力】

Cubaseには、主にMIDIの入力方法が3つあります。 リアルタイム入力:クリ …

トラックネームの書き方
トラックネームの書き方

MIDIトラックやインストゥルメントトラック、オーディオトラックなどを作ったら、 …

ドラム(Drum)のMIDIパートを分解
ドラム(Drum)のMIDIパートを分解

<ドラムのMIDIパート分解とは> 例えばバスドラムやスネア、ハイハットやクラッ …

MIDI打ち込みステップ入力
CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】

前回お話したのは、3種類あるMIDI入力の鉛筆を使った方法でした。「CUBASE …

BASSを入力する際のポイント②
CubaseでBASS(ベース)を入力する際のポイント②

前回のベース入力のポイント「 CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント …

トラックの音量やPANの変え方
トラックの音量やpanの変え方

音の調整といったら、音量レベルとパンニング(パン)の調整ですね。 ミックスをする …

キーエディターでMIDIノート入力
キーエディターでMIDIノートを入力しよう【音符と休符】

以前のMIDI入力の続きです。「CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ