DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASE設定

CUBASEPRO8これから良くなりますよね

更新日:

CUBASE8が、昨年2014の12月に発売されましたが、
それに合わせて教室もCUBASE8を導入(アップグレード)しました。

今回は、Cubase Pro 8について書いてみたいと思います。

ところで、前バージョンのCUBASE7や7.5は、インストールDVDが使用出来ないトラブルや、動作が以前バージョンよりも不安定になっていたなど様々な問題がありました。

今回は期待していたのですが、Steinbergから発表されたリリース内容を聞いて若干不安になっていました。

その思いを振り払い、良くなっているのかな~〜と思いつつ使ってみましたが、、、

 

ユーザーインターフェースから大きく変わり旧ユーザーは取っつきにくい

CUBASE6.5からCUBASE7や7.5になったときのように、インターフェースから変えてしまいましたね。

今までの旧ユーザー向けではなく、新規にCUBASEを購入するユーザーを考慮して開発したのでしょうか。

色々と感じる所がありましたが、使用してみて私は3つの点が特に気になりました。

  • トラックネームやミックスダウンなどで使用する文字入力がやりにくい
  • CUBASEが終了できない
  • 動作が不安定

①トラックネームやミックスダウンなどで使用する文字入力がやりにくい

アップデートで改善されましたので、必ず下記よりアップデートした方が良いです。

下記スタインバーグのサイトより、最新のアップデートファイルをダウンロードしてください。
※最新は、Windows、Mac共に8.0.40です。

Steinberg Japanサイト

サポート → ダウンロード → 最新アップデータはこちら → ソフトウェアでCubase Pro / Artistを選ぶ

 

②CUBASEが終了できない

こちらもアップデートで改善され、終了できるようになりました。

 

③動作が不安定

現バージョンでは、安定性がほど遠い状態でCUBASEが普通に終了できないなど多くの問題をはらんでいます。

アップデートで改善され、作業中に落ちる事がなくなりました。

 

 

良い点としては、ASIOの使用率が下がった点です。

個人的に、今回のバージョンアップは、2歩進んで1.5歩下がるような状況ではないですかね。

 

CUBASEの旧ユーザーは、まだバージョンを上げなくてもいいかもしれません。

ただこれからCUBASEの購入を考えている方がいれば、CUBASE8の購入を勧めますよ。

2016年現在、Cubaseは8.5が最新バージョンです。購入する際は、8.5にしましょう。

 

まとめ

関連記事:DTM PCを高速化しよう① Windowsの起動を早くしよう

関連記事:Cubase VariAudioの使い方【ピッチを調整するやり方】

dtmメソッドモバイル

-CUBASE設定

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.