DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

GarageBand GarageBandで打ち込み

GarageBand ベース(BASS)をリアルに打ち込みしよう

投稿日:

曲作りでベースは必須の楽器ですが、上手に入力しないと、いかにも打ち込みという感じてチープになってしまいます。

今回は、DAW初心者に分かりやすいように、ベース(BASS)をリアルに入力するやり方を、簡単に説明していきます。

それでは、

べース入力のやり方を覚えよう

今回、こんなベースを打ち込んでみましょう。

 

※上記曲に入っているドラムは、前回の記事でドラム打ち込みしたものを入れております。

GarageBand ドラムの打ち込みを覚えよう

GarageBnadで、ドラムを入れる際はApple LoopsなどのMIDIループファイルを使用すると、簡単に良いリズムが使用できますね。 ですが、ドラムのMIDIの打ち込み方を覚えると、ドラムのリ ...

続きを見る

 

まずは、

コード進行を決めよう

今回コード進行は、これでベースを入れてみましょう。

コード進行を入れてみよう
CM|GM|Am|Em|

CM(エフメジャーセブン)のコードは、F、A、C、Eになりますね。

GM(ジーメジャー)のコードは、G、B、D

Am(エーマイナー)のコードは、A、C、E

このコード進行の流れで、ベースを入れてみましょう。

 

音源を出してみよう

ソフト音源を使って、ベースを入れてみましょう。

トラックを作ろう

作成の仕方は、

トラック → 新規トラック → ソフトウェア音源 → 作成をクリック

トラックの細かい出し方は、Garageband トラックを増やして音源を変えてみよう

 

ベース音源を選ぼう

Garageband画面右下にある、トラック情報の表示/非表示

ソフトウェア音源

Bass

Fingerstyle Electric Bass を選びます。

 

ベース打ち込みのポイント

ポイントを押さえながらベースを入力すると、正しくMIDIを打ち込めます。

最低音をE1で設定する

ベースの最低音は、E1になります。

基準のE1に設定する事で、MIDI鍵盤でも弾く事が出来ますので、ベースの音色  を合わせよう。

 

コードのルート音を入れる

ベースは、コードのルート音(根音)を入れる。

ルート音とは
CM(シーメジャー)であれば、Cがルート音

Am(エーマイナー)であれば、Aがルート音です。

今回のコード進行の、C、G、A、Fのルート音を入力していきましょう。

 

E1の音以上のルート音を入力する

ベースは、E1以上の音でMIDI打ち込みします。

C2 G1 A1 F1のルート音を入れます。

ベースリズムパターン

Rockの曲を打ち込みますので、リズムは8ビートのリズムを入れてみよう。

8ビートリズムパターン
1小節に、8分音符のMIDIノートを8ついれる事

ベース入力完成画像

 

ベースをよりリアルに表現してみよう

ベースのリアルさを出す場合は、音と音の切り替わりの長さを短くする事で、より人が弾いているようなリアルさを表現する事が出来ます。

音の長さの調整

右上の赤枠をクリックすると、細かい音符を選択出来ますので、1/64-音符を選びます。

次に、

下記赤い部分のように、音の長さを調整すると、ベースのリアルな表現を出す事が出来ます。

 

次に読む記事は、Garageband MIDIやオーディオループフレーズを使ってみよう

 

まとめ

今回は、GarageBandでのベースの入力方法を説明しましたが、ベースの入力方法は、他の楽器の打ち込みにも応用出来ます。

ポイントを押さえたベースの打ち込み方法を、しっかりと覚えてくださいね。

関連記事:GarageBand初心者講座 1から曲作りの方法を学ぼう!

関連記事:GarageBandで書き出し(2Mix)を正しくする方法

dtmメソッドモバイル

-GarageBand, GarageBandで打ち込み

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.