DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

GarageBand GarageBand使い方

Garageband トラックを増やして音源を変えてみよう

更新日:

今回は、Garageband(ガレージバンド)のトラックを増やして、ギターの音を選択する方法を説明していきます。

Garageband(全バージョンの方法)

トラックの追加の方法

まずはメニューの中の、

トラック

新規トラック

または、画面左下の+をクリック

ガレージバンドトラック追加

次に画面の中から、ソフトウェア音源を選択して 作成 をクリック

すると、下記画面のように、トラックが増えると思います。ガレージバンドトラック

 

トラックの音源を変えてみよう

初期のトラックに割り当ててある音はGrand Pianoです。

基本的に、一つのトラックに一つの音色しか鳴らせませんので、仮にドラム、ベース、ストリングスなどならしたい際は、トラックが3つ必要になります。

それぞれ、各トラックにドラム、ベース、ギターと、音を割り当てなければなりませんよ。

では、トラックの音源を変えてみましょう。

 

まずは、音源を変えたいトラックを選びます。
※緑色のトラックが、選択されているトラックです。

下記Window(ウィンドウ)の、赤い矢印のところを選択します。ガレージバンドギター

 

そうすると、それぞれの音源のカテゴリーが右に表示されます。ガレージバンドギター選択

 

音のカテゴリーは、

  • Bass(ベース)
  • Drum Kits(ドラムキット)
  • Guitars(ギター)
  • Horns(ホーン)管楽器
  • Mallets(マレット)木琴
  • Organs(オルガン)
  • Piano and Keyboards(ピアノ&キーボード)
  • Sound Effects(サウンドエフェクト)効果音
  • Strings(ストリングス)弦楽器
  • Synth Basics(シンセベーシック)
  • Synth Leads(シンセリード)
  • Synth Pads(シンセパッド)
  • Synth Textures(シンセテクスチャ)
  • WoodWinds(ウッドウィンズ)木管楽器

カテゴリーをクリックすると、その中に含まれる音色が右に表示されます。

今回は、 Guitars → Classical Acoustic を選んでみました。

音色を選んだら、トラックの方も同時に変更されますよ。

キーボードをクリックしてみてください。

ギターの音が鳴りましたか。

 

同じようにトラックを増やして、ドラムやベースなども入れてみてくださいね。

次のおすすめ記事:Garageband MIDIやオーディオループフレーズを使ってみよう

 

さいごに

トラックを増やす作業は、音色を増やす基本操作になります。しっかりと理解していきましょう。

関連記事:GarageBand初心者講座 1から曲作りの方法を学ぼう!

関連記事:GarageBand ドラムの打ち込みを覚えよう

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-GarageBand, GarageBand使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.