DTMメソッド

*

MIDIとInstrumentトラックの違いは

   

MIDIトラックとInstrumentトラックの質問を、分かりやすくまとめた記事です。

1. Cubaseで出てくるトラックが違うのですが

こんばんは。

幾つか質問がありましてメールいたしました。

CUBASEの件ですが、まずは自分でMIDI入力したものと、レッスンから持ち帰ったものが違うということです。

レッスンでMIDI入力したものは、VSTインストゥルメントのウィンドウがあり、その下にMIDIパートが並んでいる構成です。

再生すると、メーターが同時に反応します。

しかし自分で、(新規トラック追加)→(インストゥルメント)としてHallion Oneを立ち上げると、それ単体のトラックになってしまいます。

この違いは何なのでしょうか。

 

2. MIDIトラックとInstrumentトラックは違う役割のトラック

音を出すという面では、インストゥルメントトラックでもMIDIトラックでも同じです。

ただトラックを出した後の操作が変わってきます。

インストゥルメントトラックは、主にシングル音源に合うトラックです。

逆に、MIDIトラックはマルチ音源に合うトラックです。

 

MIDIトラックがマルチ音源用ですので、全体を管理しやすいです。

例えば、Cubase5以下の付属の音源 HALION ONEは、インストゥルメントトラックで使用します。

Cubase6 以上の音源 Halion Sonic SE2 や Groove Ajent Oneは、MIDIトラックで使用をします。

その他のEnbracer、LoopMash、Mystic、Padshop、Prologue、Retrologue、Spectorはインストゥルメントトラックで使用します。

 

2-1 MIDIトラックでの音源の出し方

メニューのデバイス

VSTインストゥルメント で音源を出すと、MIDIトラックで使用することになります。

下記画面が、MIDIトラックtrack.jpg

 

2-2 インストゥルメントトラックでの音源の出し方

メニューのプロジェクト

トラックを追加

インストゥルメント で音源を出すと、インストゥルメントトラックで使用することになります。

下記画面が、インストゥルメントトラックtrack2.jpg

わかりましたか。

 

まとめ.

各トラックとも役割が違いますので、使い方を正しく理解して覚えましょう。

関連記事:フォルダトラックの使い方

関連記事:CUBASEでマーカートラックを使おう

 - CUBASEでMIDI打ち込み

メソッド

メソッド

  関連記事

ドラム(Drum)のMIDIパートを分解
ドラム(Drum)のMIDIパートを分解

<ドラムのMIDIパート分解とは> 例えばバスドラムやスネア、ハイハットやクラッ …

BASSを打ち込む際のポイント
CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント

BASS(ベース)とは何か、ベースはドラムと一緒に演奏されるリズム隊の楽器で、形 …

トラックネームの書き方
トラックネームの書き方

MIDIトラックやインストゥルメントトラック、オーディオトラックなどを作ったら、 …

BASSを入力する際のポイント②
CubaseでBASS(ベース)を入力する際のポイント②

前回のベース入力のポイント「 CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント …

トラックの音量やPANの変え方
トラックの音量やpanの変え方

音の調整といったら、音量レベルとパンニング(パン)の調整ですね。 ミックスをする …

MIDI打ち込みステップ入力
CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】

前回お話したのは、3種類あるMIDI入力の鉛筆を使った方法でした。「CUBASE …

音の強さ(ベロシティ)を調整しよう
Cubaseで音の強さ(ベロシティ)を調整しよう

音の強さのことを、MIDI用語では、ベロシティと呼びます。 キーエディターで、一 …

音の長さの細かい調整方法
CUBASE 音の長さの細かい調整方法

今回は、打ち込みをする上で大切な、音の長さを調整する方法をご説明します。 ※Cu …

ソフトウェア音源を使ってみよう
CUBASEでソフトウェア音源を使ってみよう

ソフトウェア音源とは、パソコンにインストール(入っている)してある音源のことです …

トランスポーズ(移調させる)の方法
トランスポーズ(移調させる)の方法

今回は、入力したMIDIトラックのキーを変えたい場合に行う方法をご説明します。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ