DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ProTools MIDI入力

ProToolsでMIDIを入力してみよう ペンシル入力

更新日:

本日は、いよいよProtoolsでのMIDIの入力です。

DAWが初めての方は、まずはクオンタイズを理解してください。
ProToolsでMIDIを入力しよう【クオンタイズ】

まず始めに、MIDIの入力方法は主に3つあります。

  • リアルタイム入力
  • ステップ入力
  • ペンシル入力

本日は、この中のペンシルを使った入力のやり方をお教えします。

<Protools12以下バージョン対応内容>

スポンサーリンク

dtmメソッドPC

1. MIDIエディター画面でペンシル入力しよう

まずは、インストゥルメントトラックを選択してから、

メニューの中の

ウィンドウ

MIDIエディタ をクリックします。

すると、以下のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

MIDIエディター

このWINDOW(ウインドウ)で、MIDIノートを入力したり編集(Edit)したりします。

 

1-1 入力方法

では、左上のツールバーのペンシルを使って、画面上で左クリックしてみてください。

※スマートツールで画面上を、ダブルクリックしても入力出来ます。

 

1-2 再生するには

入力したものを聴きたい際は、トランスポートのスタート(赤い矢印)を押せば、再生されます。

ループ再生

停止は、再生のとなりの■ボタンです。

ちなみに、入力キーボードのスペースキーでも「再生」や「停止」が出来ます。

 

1-3 MIDIノートを消す方法

入力したMIDIを消す際は、消したいMIDIノートの上でダブルクリックがDelete(デリート)を押すか、または、Backspace(バックスペース)で消すことが出来ます。

 

1-4 コードを入れてみよう

では、今度はCM(シーメジャー:C、E、G)を入力したのち、再生してみてください。

再生されましたか。

 

以上が、ペンシルを使った入力の方法です。

 

次の記事は、MIDI打ち込みのやり方2つめです。
ProToolsでステップ入力

 

まとめ

関連記事:ProToolsでMIDIを入力してみよう

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ProTools MIDI入力

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.