DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ProTools MIDI入力

ProToolsトラックに名前をつけよう

更新日:

Protoolsの各トラックは、それぞれ名前を記入することが出来ますが、記入しています。

記入していないと、どのトラックがどんな音色を使用しているかなど分からなくなりませんか。

そんな時に、トラックに名前を記入しておくと混乱することがありません。

今回は、名前を書くときの、よい書き方を説明していきます。
※全Protools対応記事

トラックに名前を付ける方法

まずは、下記画面の、赤い矢印の部分をダブルクリックしてみてください。

PT トラックネーム

すると、下記のWindow(ウインドウ)が表示されると思います。

PTトラックネーム

トラックに名前をつけるという部分に、トラックネームを入力します。

記入の仕方は、以下を参考に行うといいです。

左から、「音源名」、「チャンネル番号」、「音色名」この順に書くと良いと思いますよ。

たとえば、Mini Grandのピアノを使っているのであれば、トラックの名前は、「MG P」と書くと良いと思います。

※MGは、Mini Grandの略。

※Pは、ピアノの略

ところで、Mini Grandは、シングル音源(再生時に一つの音しか出せない音源)なので、チャンネル番号は書かなくてもいいですね。

 

また、Protools付属の音源Xpand2やSampletank3など、マルチ音源を使ってるのであれば多少トラックネームの書き方が変わります。

例)Xpand2で2チャンネルでピアノを使っているのであれば、「Xpand 2 P」と書くと良いと思います。

SampleTank3で、10チャンネルでドラムを使っているのでしたら、「ST3 10 Dr」と書きましょう。

 

トラックネームを書いたら、テンポの変え方を理解しよう♪

ProTools TEMPOを変えよう

 

さいごに. 名前を付けてトラックを管理しよう

トラックの管理は作業効率に関わってきますので大切ですよ。

ぜひ実行してくださいね。

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

関連記事:roToolsでリバーブをかける方法【AUX入力の使い方】

dtmメソッドモバイル

-ProTools MIDI入力

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.