DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ProTools ProTools プラグインエフェクト

ProToolsでリバーブをかける方法【AUX入力の使い方】

更新日:

Protoolsには、色々なプラグインエフェクトがついていますが、エフェクトの中でリバーブ(残響)は最も良く使用されるエフェクトではないでしょうか。

今回は、そのリバーブのかけ方を説明していきますね。

※Protools12まで対応内容

1. AUX入力トラックの出し方

リバーブをかけるには、AUX入力トラックを使用しなければいけませんので、まずはこのトラックの出し方を説明します。

まずは、メニューバーのトラックから

新規

すると下記ウインドウが出てきます。新規トラック作成

 

では左の項目から説明します。

1-1 新規

この部分は、トラックを作成する数になります。1だと1つトラックが作成され、2だと同じトラックが2つ作成されます。

 

1-2 作成

1-2-1 チャンネル

MonoとStereoが選択できます。

今回はリバーブをかけるのでStereoを選びます。

1-2-2 作成トラック

下記の6つから選択できます。

  • オーディオトラック:オーディオファイルを使用するトラック
  • AUX入力:プラグインエフェクトや音をまとめる際に使用
  • マスターフェーダー:Protoolsの最終トラックを表示
  • VCAフェーダー:Protools12から
  • インストゥルメントトラック:ソフト音源などを使用する為に使用
  • MIDIトラック:複数のMIDIチャンネルを使用する際に使用

今回は、リバーブを使いますので、AUX入力を選びます。

 

1-3 形式

サンプルとティックどちらかを選びます。

簡単に説明すると、オーディオを扱う際はサンプルを選び、MIDIを扱う際はティックを選びます。

AUX入力の場合は、サンプルを選びます。

 

最後、作成を押すと、AUXトラックが作成できます。

 

2. AIR Reverbの出し方

次は、Protools付属のAIR Reverbを出して見ましょう。

 

出し方は、メニューのウィンドウから

ミックスを選びます。
※Macは、Command+=

すると、ミックスウィンドウが表示されます。

ミックスウィンドウ

 

次に、AUXトラックの赤い部分をクリックして、インサート

マルチチャンネル プラグイン

Reverb

AIR Reverb(Stereo)を選びます。

リバーブの出し方

 

下記画面が表示されます。

AIR Reverb

 

3. センドの接続の仕方

では、リバーブをかけてみましょう。

今回は、Mini Grandにリバーブをかける方法を説明します。

まずは、Mini GrandトラックのセンドA-Eの赤い部分をクリックセンド接続

Bus

Bus 1-2(Stereo)を選びます。

次に、AUXトラックの I/O の入力なしを選んでBus 1-2を選びます。Input bus接続

 

こうすることで、Mini GrandのセンドとAUX入力が接続されます。

3-1 センドレベルの調整方法

接続したBUSセンドをクリックすると下記フェーダーが表示されます。

センドレベル

この赤いフェーダーを上に上げていくと、リバーブが徐々に深くかかっていきますので、音を聴きながら位置を調整していきます。

使い方分かりましたか。

 

次に読むと良い記事

ProToolsオーディオファイル(バウンス)

 

まとめ

リバーブをかけるのは、ミックスの基本の工程です。手順が長いですがしっかりと覚えましょう。

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

関連記事:ProToolsの便利なショートカットキー

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ProTools, ProTools プラグインエフェクト

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.