DTMメソッド

*

Studio One 2 オーディオ設定と外部デバイス設定

   

Presonus(プリソーナス) Studio Oneの使い方をご説明していきます。

まずは、Studio Oneを立ち上げると下記画面が表示されます。

スタジオワン初期画面左上から 新規ソングを作成 、 既存のドキュメントを開く

その下に、最近使ったファイル、ソング、そして右にはアーティストプロフィール

さらにその下に、設定という画面があります。始めはその部分の設定を行います。

オーディオインターフェースの設定

SOオーディオインターフェースセッティングこの中の、オーディオデバイスを設定をクリック

すると下記画面が開くと思います。

SO オーディオ設定

項目は、

一般 ロケーション オーディオ設定 外部デバイス 詳細

の5つです。

その中の、オーディオの設定から

オーディオデバイスの赤い枠をクリックして、お持ちのオーディオインターフェースを選びます。

その下の マルチプロセッシングを有効化 と、CPUコアを使用 ともにレ点を入れておいてください。

選んだら最後OKで終了です。

MIDIキーボード設定(外部デバイス設定)

次に外部デバイスの設定をして、MIDIキーボードを鳴らしたいと思います。

まずは、下記外部デバイスを選ぶ

外部機器設定上記赤い枠追加をクリックします。

すると下記Windowが表示されます。

MIDIインターフェース設定

のデバイス名の所で、今お使いのMIDIキーボードをUSBで接続しているのでしたら、その機器の名前を入力。
オーディオインターフェースにMIDIケーブルをつないで接続している場合は、インターフェースの名前を入れてください。

②(大切)受信元でインターフェースにつないであるMidi Port名を選んでください。
通常は、Port1になると思います。

最後OKを押せば、設定完了です。

 

まとめ. オーディオインターフェースとMIDIキーボードの設定は最初に行なおう

オーディオインターフェースとMIDIキーボードは最初に設定する所です。正しく行ってくださいね。

関連記事:WINDOWS7デスクトップ画面の壁紙の変え方

関連記事:vistaや7を快適に動作ディスクデフラグ

 

記事が役に立ったら、フォロー!お願いします♪

 - Studio One, Studio One 2 使い方

メソッド

メソッド

  関連記事

SO 新規ソングと音源の出し方
Studio One 2 新規ソングと音源(ピアノ)の出し方

Presonus(プリソーナス)のStudioOneの使い方です。 今回は、新規 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ