DTMメソッド

*

VSTパフォーマンス CPU使用率を確認

   

CUBASEでソフト音源やプラグインエフェクトを多く出していくと、パソコンやMacにどんどん負荷がかかり、CPUとメモリーの使用率が上がっていきます。

結果、作業速度が遅くなっていきます。

ちなみに、それらの負荷具合はトランスポートパネルの、下記赤い矢印の部分で確認することができますが、

vstpafo2.jpg

表示が小さいため分かりにくいと思います。

 

パソコンのCPU使用率と、ディスクの転送速度を大きく見る方法があります。

1. CPU使用率とディスク転送速度を細かく確認する方法

やり方は、メニューの中の、

デバイス

VST パフォーマンスをクリック

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

vstpafo.jpg

ASIOとDISKと表示されていると思います。

※CUBASE7の画面です。

  • ASIOはCPUの使用量
  • DISKがハードディスクの転送速度

ということで、2つによってPCに負荷がかかっていると理解すれば大丈夫です。

 

ソフト音源やプラグインエフェクトを出せば出すほど、右へメーターが振れていきます。

下記は、CPUに負荷がかかった状態です。

vstpafo3.jpg

ただし同じプロジェクトファイルでも、PCのスペックによって負荷のかかり方は違います。

基本的に、ASIOメーターが70%を超えるとCUBASEは再生出来ますが、PCにはかなり負担になります。
そうなると大量の熱が発生するので、熱を下げるためにCPUファンが回り始めます。
またその状態が続くと、CUBASEの動作が不安定になる事があります。

そのような状態を軽減するために、パソコンの負荷をなくす機能「フリーズトラック」があります。

2. フリーズトラック

ソフト音源やプラグインエフェクトを、一時的にオーディオ化する機能(右下の6角形のアイコン)です。

フリーズトラック

このボタンを押すと、オーディオファイルになりますので、そのトラックのCPUの負荷が軽減されます。

トラックごとに行うことで曲全体の負荷を下げることができます。

おすすめDTM PC や Mac

しかし、低スペックのPCの人は、パソコンの買い替えも考えた方が良いかも知れません。

DTMに最適なPCやMacは、CPUが、Core i 5 2.4Ghz以上、メモリーが8GB以上は欲しいところです。

 

マウスコンピューターのパソコンは、数人の生徒始め、私自身も使用しているマシンでコストパフォーマンスに優れたパソコンです。

株式会社マウスコンピューター | 商品詳細 | Lm-i721B

1006Lm-i721B(ブラック)
※現在はこのPCは販売されておらず、このメーカーもお勧めとは言えなくなっております。

上記マシンは、CPUが最新のCORE i 5が付いています。

本体だけで、このグレードはお買い得です。

もちろん上のクラスのCORE i 7もオススメです。CORE i 5よりも高性能です。

パソコンの買い替えを考えている方は、一度覗いてみてください。

 

まとめ. PCやMacの負荷を確認しよう

関連記事:CUBASEのオーディオファイルの移調(ピッチ)を変更したい

関連記事:CUBASEのAUDIOフォルダって?

 - CUBASE設定

メソッド

メソッド

  関連記事

CUBASE5.5にアップデートするパッチファイル
CUBASE5.5にアップデートするパッチファイル

Steinberg(スタインバーグ)から、 この記事の目次アップデートのパッチフ …

CUBASE新規プロジェクトの立ち上げ方
CUBASE新規プロジェクトの立ち上げ方

今回は、Cubaseでの新規プロジェクト立ち上げ方をご説明します。 ※Cubas …

波形の色が白色で表示される
波形の色が白色で表示されて見にくい

以前生徒から受けた質問を、記事にしています。 Cubaseは、バージョンが変わる …

no image
Windows7,8.1,10へソフトがインストールできない際の解決方法

生徒の質問をお書きしております。 生徒 先生WindowsXPの調子が悪くなった …

VSTコネクションの設定の仕方
CUBASEVSTコネクションの設定の仕方

前回のデバイス設定が終わったら、「CUBASEデバイス設定(インターフェース)」 …

CUBASE5.5での新規プロジェクトの立ち上げ方
CUBASE5.5での新規プロジェクトの立ち上げ方

CUBASE 5.5、CUBASE STUDIO 5.5、CUBASE ESSE …

CUBASEのプロジェクト設定の方法
CUBASEのプロジェクト設定の方法

プロジェクト設定とは、 簡単に説明すると、「レコーディング(録音)の際の音質」や …

デバイス設定
CUBASEデバイス設定(インターフェース)

まずCUBASEを立ち上げたら、始めに以下の設定を行わなくてはなりません。 ※お …

Comment

  1. タカトシ より:

    はじめまして。
    いつも参考にさせていただいてます^^
    CPUの負荷率が高すぎて、再生中にしょっちゅうノイズが入ったりとぎれとぎれになって困っています。
    使用トラックやVSTが多いのかと思ったのですが、空白のプロジェクトを立ち上げた時点ですでに負荷メータが80%くらいになっています。
    プラグインを減らしてもほとんど変わりませんでした。
    何が原因なのかよくわかりません。
    空白のプロジェクトでこの状態で、インストルメントトラックのオーディオ化等は有効なのでしょうか??
    PCスペックは
    CPU:Core i5 430M/2.26GHz(512KB) メモリ容量:4GB HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium
    です。
    よろしくお願い致します。

  2. とおる より:

    タカトシさん
    はじめまして。
    質問の件ですが、
    そのPCのスペックで、普通に使用していて問題が起こることは通常考えられませんし、
    また
    空白のプロジェクトを立ち上げて負荷メーターが80%になることはありませんね。
    もしかして、CUBASEと同時に、
    何か別のソフトを起動したりしておりませんか。
    とおる

  3. タカトシ より:

    早速のご回答、ありがとうございました!
    空白のプロジェクトの状態は私の見間違いのようでした。
    今作成中のプロジェクトが、インストルメントトラック11トラック、オーディオトラック(モノラル)10トラック程度ですが、立ち上げただけで負荷率が80~90%になっています。
    タスクマネージャでメモリ使用量をみると、CUBASEだけで1.2Gくらいになっています。
    (ちなみに同時に他のソフトは立ち上げていません)
    6分程度でそれほど密集したデータというわけではないですが、こんなものなのでしょうか。
    試しにオーディオトラックをすべて「トラックを無効にする」にしてみましたが、負荷率は全然変わりませんでした。
    お聞きしたいのは、プラグインエフェクトはほとんどインサートで使用しているのですが、これはセンドで使用するのと比べると負荷率に影響しますでしょうか。
    それと、インストルメントトラックはオーディオ化した方が負荷は軽くなるのでしょうか?
    重くなる原因、軽くするアドバイス等、教えていただけると助かります。
    よろしくお願い致します!

  4. とおる より:

    コメントの件ですが、
    今回の情報だけでは具体的なアドバイスは難しいのですが、恐らくインサートに出しているエフェクトと使用している音源のために重くなっていると思います。
    ちなみに、メモリーの使用量は、1.2Gでしたら問題はありません。
    軽くするためには、音源はオーディオ化することと、
    リバーブやディレイなどの空間系の音源はセンドで使用すればPCへの負荷が軽減されると思いますよ。

  5. ROOKIE より:

    こんにちは。
    わかり易いご説明をいつも参考にさせていただいております。
    厚かましいとは思いますが、質問させて頂いても
    よろしいでしょうか。
    Cubase5.5.2
    Windows7 HomePremium 64bit
    CPU Core i7
    メモリ 8GB
    HDD 1.5TB
    O/I M-AUDIO Audiophile USB
    上記の環境で作業しております。
    M-AUDIOから64bit対応の最新ドライバーも
    インストールしております。
    最近、録音作業中に、
    再生音にひどくノイズが乗ったり、
    再生速度が遅くなったりする事が頻繁に
    おきるようになりました。
    一度Cubaseを終了し、Audiophileの電源を
    落とし、しばらく待って再起動すると
    正常に戻ります。
    それを繰り返しながら作業している状態です。
    おそらくAudiophileUSBに問題があるのでは、
    と思っております。
    コントロールパネルで
    Maximum Sample Rate、Sample Depth
    Latencyなどの設定が可能ですが、
    最適な設定がわかりません。
    AudiophileUSB自体多少型落ちと言いますか、
    古い機種ですので、性能的に追いついていない
    のでしょうか…
    なお、外部音源は一切使用しておらず、全て
    Cubase5内の音源で作業しております。
    また、VSTパフォーマンスのメーターも
    20%~30%の使用率程度です。
    宜しければご教示下さい。
    宜しくお願いします。

  6. とおる より:

    ROOKIEさんはじめまして
    コメントの内容を見ると、PCの性能は問題なさそうですね。
    今までは問題なく使えていたのに、再生音にノイズが載ったり、再生中に挙動がおかしくなったりすることが出てきたということですよね。
    皆さん環境が違うので、問題が分かりにくいのですが、一般的にオーディオインターフェース(AudiophileUSB)の問題で、このような症状が出るというのは私は聞いたことがありません。
    推測になりますが、おそらくメモリー使用量か、バックグラウンドで動かしているソフト(スカイプやウイルス系のソフト)の問題じゃないかと思いますが、ウイルス系や、スカイプなどの切ったり、また、ソフト音源などをオーディオ化し、プラグインエフェクトなどを停止されれば改善されるかもしれませんので一度試されてはどうでしょうか。
    たった一つの音源ソフトやエフェクトプラグインで問題が出たりしますので、最小限のシステムにして同じ症状が出るか試してみるのもお勧めしますよ。
    とおる

  7. ROOKIE より:

    とおる様
    ご回答ありがとうございます!
    一般的には、オーディオインターフェースの問題で起こる事は考えずらいとの事で、
    原因がある程度絞り込めました。
    ウィルスソフト等、バックグラウンドで動いているソフトが多数ありそうですので、
    そのあたりを試してみます。
    また、PCのスペックを過信している所もありそうですね。
    ご指導の通り、オーディオ化等で、無駄に
    負荷を掛けないよう心がけたいと思います。
    非常に助かりました。
    ありがとうございました!
    これからも、ちょくちょくサイトを
    見させて頂きます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ