DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase CUBASE問題

【必見】Windows10にアップグレードするCubaseユーザーが気をつけること

更新日:

今年の7月28日まででWindows10の無料アップグレードの期間が終わります。昨年の7月に登場してから色々なドライバが対応したり、細かい点が改善されたので、そろそろアップデートをする人が増え始めています。

当教室の生徒の方もWindows10へアップグレードする人が増えており、Windows7とWindows10を使っている人が大体半分位になっています。

Windows10へアップグレードした後に、「Cubaseが立ち上がらなくなりました」という事を、Cubase Pro 8はもちろん、AIやLEその他、所有者数人から質問を受けたので、役に立つかと思い記事にしました。

改善する方法は、

最新のeLicensor Control Centerをインストールしよう

起動させる際に、eLicensor Control Centerのバージョンが古いと、Windows10にアップグレードした際に、Cubase Pro 8やAIやLEその他が立ち上がらなくなります。

その際は、

Steinbergのサイトへ行き:Steinberg

サポートから

ダウンロード

ソフトウェアの中の、eLicensor Control Centerをクリック

すると、ウインドウ画面が切り替わります。

elicenser control center

OSがMac OS XとWindowsに分かれておりますので、上記画面Windowsの中のeLicensor Controlを選ぶとダウンロードできます。

 

ダウンロードが終わったら、ソフトをダブルクリックしてインストールします。

elicenser control center install

実行し、次へ進んでいくと、インストールが終わります。

 

インストール終わったら、Cubaseを立ち上げてみてください。

どうですか。

無事に起動しましたか。

まとめ

実はまれにCubaseのライセンスが見当たらなくなり、立ち上がらなくなることがあるのですが、その際は今回の問題で解決します。頭の隅に置いておきますと、トラブルに遭った際に冷静に対処出来ますよ。

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

関連記事:DTM PCを高速化しよう① Windowsの起動を早くしよう

dtmメソッドモバイル

-Cubase, CUBASE問題

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.