DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

DTM PCとMacの便利な使い方

MacBook ProでDTMをする際の選び方

更新日:

MacBook Proの選び方

よく生徒の方に、MacBooK Proの購入について聞かれますので、今回はこれを説明していきますね。

MacBook ProでDTMをしたい人のための、13インチと15インチの選び方。

2019年10月記事更新

スポンサーリンク

MacBook Proを購入する際

現在色々なMacBook Proが出ていますが、購入する際に見るポイントは下記の3つです。

  1. CPUの速度
  2. メモリーの容量
  3. HDやSSDの容量

※Retinaディスプレイは、DTMには関係ありません。

 

そして、

注意点

<現在DTMを行なっており、MacBook Proを購入されたい人へ>

CubaseやProtoolsなどのシーケンスソフトや、ソフト音源やプラグインエフェクト、また、オーディオインターフェース、MIDIコントローラーなどのDTM機器をお持ちの方は、現在のMacBook Proの新しいOSだと、使えなくなる可能性があります。

 

DTM機材を持っている方は、macOSを調べよう
調べずに購入すると、DTM機材が動かない場合に、新しく買い換えなければなりません。

必ず、現在の macOS Mojave または Catalina でお持ちのDTM機器が、動くのかをメーカーサイトで調べてください。

 

ではDTMで使用出来るMacBook Proを、どのように選べば良いか13インチ15インチの2つで説明します。

MacBook Pro 13インチ

13インチMacBookPro

i5のCPUはどれを選ぶ

CPU選択

  • 2.4GHz
  • 2.8GHz

の2つがありますね。

DTMで使用するには、CPUの処理速度が重要です。

オーディオファイルを作ったり、音楽データを立ち上げたり、ソフト音源やプラグインエフェクトを使用したりと、何をするにもCPUが処理をしますので、良いCPUを使用していると作業が効率的に行えるようになります。

2.8GHzでも処理速度は大丈夫です。

もしも余裕があれば、Core i7プロセッサの、数字が大きい方2.8GHzを選んでくださいね。

 

メモリーはどれを選ぶ

メモリー選択

大容量のソフト音源を多く使用する人が、メモリーを沢山積むと、沢山のソフト音源が使用出来ます。

MacBook Proを8GBメモリーで使用する際は、音源がメモリーを開放できるようだったら開放したり、またソフト音源をオーディオ化したりと上手く使用すれば、上手に曲作りが出来ます。

ですので、8GBでもDTMは出来ます。

ただ16GBあると、BFD3やTrilian、KOMPLETEシリーズなどその他、大容量のソフト音源を使用しても、メモリーを気にすることなくDTMをできますので、安心して曲作りを行えますよ。

 

13インチのSSD容量はどれを選ぶ

SSD選択

容量は、256GBか512GB、そして1TBと2TBが選べます。

通常は、256GBを選べばOKですが、余裕を持って512GBにしたいところです。

今後、大容量ソフト音源を使用する予定の人は、512GB以上を選んでおいてください。

 

下記は、上記で説明したAppleのカスタマイズサイトへリンクしています。

MacBook Pro 13インチ

 

Apple ストアでも購入できますが、Amazonで購入すると細かい上記カスタマイズはできませんが、同じもので多少安く買うことが出来ます。

上記で説明したおすすめ設定で、CPUはCoer i 5の2.4GhzでSSDが256GBと512GBまた、色もシルバーとグレーの2種類から選択できます。

高スペックで、DTMをするのに十分です。検討して見てはどうでしょうか。


最新モデル Apple MacBook Pro (13インチ, 第8世代の2.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ, 256GB) - スペースグレイ

 

MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイ

15インチmac

i7のCPUはどれを選ぶ

i7 cpu

  • 2.6GHz 6コア
  • 2.4GHz 8コア

2つのモデルから、上記2つの中のCPUを選択できます。

コアの数よりも、クロック数(2.6GHz部分)の方が大切ですので、2.6GHzで大丈夫です。

 

グラフィックスはどれを選ぶ

グラフィック選択

グラフィックは、DTMには関係ありませんので、初期のRadeon Pro 555X(4GB)

 

SSDの容量はどれを選ぶ

15インチ SSD

DTMで使用する際、最近のソフトウェア音源は非常にデータ容量を食いますので、大きい方が良いです。

選べるのは256GBからですが、これは容量が少ないですね。

512GB以上あれば安心ですので、これをおすすめします。

 

1TBあれば気兼ねすることなく音源をインストールできますが、見ての通り値段がかなり高いので、DTMをするに辺りMacBook Pro本体へ投資したい方がお選びくださいね。

 

ハードディスクやSSDの容量を大きく増やす方法

MacBook Proは、Thunderboltポートが付いています。

これに対応する、外付けのHDやSSDを使えば容量を一気に増やせますので、この方法を検討してもいいですよ。

安上がりで、大容量のハードディスクを使用出来ますよ。

 

下記は、上記で説明したAppleのサイトへリンクしています。

MacBook Pro 15インチ カスタマイズ

 

上記の13インチと同様に、こちらもAmazonで購入できます。CPUはCore i 7の2.6GhzでSSDが256GBと512GBを選べますので、考えてはどうでしょうか。


Apple MacBook Pro (15インチ, 第9世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)

 

プリインストールやその他の選択

キーボードの言語は、当然バックライトキーボード-日本語(JIS)を選択します。

 

プリインストールソフトウェアの選択では、動画ソフトFinal Cut Pro XDTM・DAWソフトLogic Pro Xを購入できますが、後でも別途購入できますので、とりあえずなしで進めても大丈夫です。

プリインストール選択

 

さいごに とても高価な買い物ですので性能は正しく選ぼう

Appleは本体の価格で儲けていると言われますが、その通りでMacはパソコンと比べて値段が高いです。

しかしMacは使っていて楽しいですね。

Macに慣れているや、Macが好きな人でしたらMacBook Proが良いですね。

ただし現在Windowsユーザーでしたら、WindowsパソコンでDTMをする方が、Macよりも安くて性能の良い物を選べますので、DTMをする上でMacが本当に必要なのかをよく考えて購入して下さいね。

関連記事:DTM初心者必見!この4つの道具を揃えよう

関連記事:パソコンやMacを安定化・高速化しよう

-DTM, PCとMacの便利な使い方

Copyright© DTMメソッド , 2019 All Rights Reserved.