DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ソフトウェア・ハードウェア関連の音源

ローランド インテグラ7とオーディオインターフェースの使い方

更新日:

本日は、ローランドから、2012年の9月22日に出たハードウェア音源の、『Roland INTEGRA-7(インテグラセブン)』の話です。

Integra-7は、ローランドが集大成として出したハードウェア音源のようで、音色の評判がよく結構売れているようです。

数が売れているので、中古も結構出回っているみたいです。

当教室の生徒の方でも、10万台後半の高価な音源にも関わらず、購入している方が数名おります。

その音源の使い方で、知っておいた方が良いことがありますので、今回はそれを書きます。

 

<<今回のポイント>>

Roland Integra-7のオーディオインターフェースと、他のオーディオインターフェースは、

シーケンスソフトで2つ同時に使用できない

上記の理由から、基本的な使用法は2つです。

  • ①Roland Integra-7を、オーディオインターフェース、兼ハードウェア音源として使用する。
  • ②他メーカーのオーディオインターフェースを使いつつ、Integra-7のハードウェア音源のみを使用する。

この音源(Roland Integra-7)を購入する方でしたら、恐らくオーディオインターフェースは持っていると思いますので、

多くの人が ② の使い方になると思います。

 

①の用途で使用する際

Integra-7(インテグラセブン)には、オーディオインターフェースの機能がついています。

ですが、Windows7・8.1・10で使用しているCUBASEでは、インテグラセブンのオーディオインターフェースと、他のオーディオインターフェースを同時に使用できません。

ですので、①はオーディオインターフェースをお持ちでない人の使い方になります。

 

②の用途で使用する際

Integra-7(インテグラセブン)を、通常の音源として使用する方法です。

デバイス設定で、お使いのオーディオインターフェースのASIOドライバーを使用しつつ、Integra-7は、MIDIケーブルで接続するか、または、USBで接続して音源として使用します。

恐らく、通常はこの使い方になるのではないでしょうか。

使い方などで参考になればと思います。

 

ROLANDのハードウェア音源は、使いやすい音が多いです。私もXV-5080という音源を未だに使用しております。EPやPIANO、StringsやSynthなど、ソフト音源では出せない音質が出せます。

今後音源をグレードアップしたい方は、ソフトウェアだけでなく、ハードウェア音源の購入も検討してもいいのではないでしょうか。

楽曲に、ソフト音源とハード音源、両方を使用した方が、曲に更なる良さが加わりますよ。


Roland ローランド サウンドモジュール SuperNATURAL Sound Module INTEGRA-7

 

さいごに

関連記事:パソコンやMacを安定化・高速化しよう

関連記事:DTM PCを高速化しよう① Windowsの起動を早くしよう

dtmメソッドモバイル

-ソフトウェア・ハードウェア関連の音源

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.