DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

GarageBand GarageBand使い方

GarageBand 録音のやり方とリバーブをかける方法

更新日:

GarageBandでボーカルやギターを録音(レコーディング)をするときには、いつくかの手順が必要になります。

例えば、リアル音源トラックの作成やオーディオインターフェースの設定、そしてレベル調整など。

今回は、GarageBandを使った録音方法の正しいやり方を説明します。

スポンサーリンク

録音(レコーディング)のやり方

ボーカルやギター、ベースやドラムその他、録音するパートは色々ありますが、今回はボーカルレコーディングを前提に話を進めていきます。

SHURE SM58を使って、今回のやり方でボーカル録音を行ないました。

曲の作り方は、こちらを元にしております。
『 GarageBand初心者講座 1から曲作りの方法を学ぼう!

 

ボーカルレコーディングの方法

マイクスタンドのコンデンサーマイク

ボーカルをレコーディングするに当たって必要な機材は、コンデンサーマイクやダイナミックマイク、オーディオインターフェース、シールド(オーディオケーブル)、マイクスタンド、ポップガード、マイクホルダーなどです。

 

さて録音するには、下記の3つの手順を踏みます。

  • オーディオ入力設定
  • リアル音源トラックの設定
  • 録音機器(オーディオインターフェース)の入力レベルの調整

 

では、1つひとつ見ていきましょう。

オーディオ入力設定

この設定は、環境設定から行ないます。

その前に、

まずはお持ちのオーディオインターフェースのドライバが、Macにインストール出来ているか確認しましょう。

 

やり方は、メニューのGarageBand

環境設定

オーディオ/MIDI

オーディオ入力をクリックし、お持ちのオーディオインターフェースのドライバを選択します。

最後は、左上の×を押して終了です。

 

録音前のオーディオインターフェースの、細かい設定方法はこちら

GarageBand I/Fの設定【環境設定】

 

リアル音源トラックの設定

次は、録音トラックを出しましょう。

メニューのトラックから

新規トラックをクリック

3つの中から、リアル音源を選択

左下の音源の設定をクリックすると、設定を表示出来ます。

音源の接続先:

オーディオインターフェースとマイクとつなぐ、入力チャンネルです。

マイクが接続されている、インターフェースのドライバを選びます。

 

サウンドの出力先:

マイク音を出す出力チャンネルです。

インターフェースの出力ドライバを選びます。

 

モノ1を選択

モノ1を、項目から選びます。

 

演奏中や録音中に自分の音源を聴く

トラックのモニターを入れる場合はチェック

 

終了したら、右下の作成をクリックします。

すると、下記トラックが表示されます。

※今回は、ヴォーカルレコーディングですので、Mono のリアル音源トラックを作ります。

 

録音機器(オーディオインターフェース)の入力レベル調整

歌を録音する際に、音が小さすぎたり、また大きすぎないように録音レベルを調整します。

ここの調整は、音質に関わりますので大切です。

 

例で、下記オーディオインターフェースを使ってやり方を説明します。

UR22mk2 USB AUDIO INTERFACE

Steinbergというメーカの録音機材で、DTM・DAW初心者に使いやすいです。

ポイント

このインターフェースは、INPUT1GAINで入力レベルを調整します。

他のオーディオインターフェースだと、TRIMSENSなど記入してある部分で調整します。

これらつまみは、通常ケーブルを挿す端子付近にありますので調べてみてください。

下記は、UR22mk2の入力つまみです。

インプット

 

コンデンサーマイクを使用する際は、背面48VをONにします。

48v

 

入力レベルの確認

GarageBandに戻って、音声信号が入力されるか確認しましょう。

まずはインジケーターを確認してください。振れているのであれば、音声信号が正しく入っています。

メーターが振れていなければ、接続や入力チャンネルなどの設定が間違えているので、もう一度始めから一つづつ確認してみてください。

インジケーター確認

 

次に、リアル音源トラックの赤い枠のモニタリングを押すと、マイクからの音声信号がスピーカーやヘッドフォンから返ってきますので確認しましょう。

モニタリング

ポイント

ちなみに、歌っているときの声を聴きたければONに、モニターしたくなければOFFにします。

※モニターのアイコンが表示されていない場合は、

メニューのトラック

リアル音源トラックの モニターを表示 をクリックします。

 

後は、録音ボタンを押せば開始されます。

それでは歌をレコーディングしてみてください。オーディオ波形が表示されましたか。

オーディオリージョン

オーディオ波形の大きさはこれくらいです。

オーディオ波形の大きさ

ポイント

入力したオーディオ波形が小さすぎる場合は、オーディオインターフェースの入力つまみを上げて、ベストな録音レベルを探して見てくださいね。

 

エフェクト(リバーブ)のかけ方

録音した歌に、リバーブを掛けると上手く感じます。

次はこの方法を説明しますね。

まずは、下記画像のデスクトップ右にある、リアル音源をクリックしその下の 編集 タブを選びます。

エフェクトの下の枠をクリックすると、下記項目が表示されますので、この中からトラックリバーブを選びます。

トラックリバーブの選択

トラックリバーブが表示されたら、赤い枠の図をクリック。

リバーブ画面

 

すると、トラックリバーブのウィンドウが表示されます。

トラックリバーブ画面

 

トラックリバーブの設定

リバーブのオンとオフ

左にある にチェックが入っているとリバーブがオン。チェックを外すとオフになります。

その右にある部分デフォルトが、プリセットを選ぶ部分です。

 

リバーブタイム

各種パラメーター

リバーブ(残響音)の長さを調整します。

短(左)によると残響音が短めになり、長(右)によると残響音が長めになります

 

リバーブカラー

リバーブの明るさを決めます。

左ヘ移動すると暗くなり、右に移動するに従って残響音が明るくなります。

 

リバーブ音量

リバーブの音量を調整します。

ローヘスライドすればリバーブ音少なめになり、右にスライドするほどリバーブ音が多くなります。

 

オリジナル音量

原音の音量を調整する機能です。

ローへ移動すれば音量が小さめに、逆にハイの方向へ移動すれば音量大きめになります。

 

番外 ビジュアルEQの調整

EQの加工を下記のように行なって、ボーカルの音質の調整をしました。

EQ調整

 

おすすめレコーディング機材

機材を揃えた上で録音すると、さらにクオリティが向上しますが、そのおすすめ機材を紹介します。

コンデンサーマイク

コンデンサーマイクは、録音(レコーディング)専用のマイクで、音の質感がクリアになります。


【マイク機材フルセット!!】Rode NT1A Anniversary Vocal Condenser Microphone Package ■並行輸入品■

 

マイクスタンド

ボーカル録音する場合は、マイクを持って録音すると握っている音が入り、また、音にムラが出るのでマイクスタンドを使います。

購入する際、安いマイクスタンドは重みで下がってきたり、接続部分が割れて使えなくなってしまいますので、頑丈な物を買ってずっと使う方がお得です。

下記は、TAMAブランドのおすすめマイクスタンドです。
※ダイナミックマイクを使う場合、マイクホルダーは別途購入てください。


TAMA タマ ブーム マイク・スタンド クローム MS205

 

マイクケーブル

マイクケーブルは、オーディオインターフェィスからレコーディングマイクまでを接続するパーツです。

3mから5mあれば届くと思いますので、この辺りの長さを購入するのが良いです。

下記は信頼できるオーディオテクニカのマイクケーブルです。

 


audio-technica キャノンケーブル ATL458A/5.0

 

今回使用した私の生徒さんも多く使っている、DTM初心者におすすめのオーディオインターフェースです。


Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

 

まとめ

GarageBandの基本的な録音(レコーディング)のやり方を、解説していきました。

色々とレコーディングを楽しんだら、下記リンクで書き出し(2Mix)のやり方を覚えておくと便利ですよ。

おすすめ記事:GarageBandで書き出し(2Mix)を正しくする方法

関連記事:DTM音楽理論講座

-GarageBand, GarageBand使い方

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.