DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASEでMIDI打ち込み

CUBASEでの3つのMIDI打ち込み方法【鉛筆入力】

更新日:

Cubaseには、主にMIDIの入力方法が3つあります。

  • リアルタイム入力:クリック(メトロノーム)を聴きながら鍵盤を演奏して打ち込む方法
  • ステップ入力:鍵盤で押した所が入力される方法「CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】
  • 鉛筆入力:マウスで一つひとつMIDIノートを入力する方法

本日は、鉛筆入力のやり方をご説明します。

※鉛筆入力は、慣れると素早く入力出来る便利な方法になります。
※Cubase 8.5以下全バージョン対応内容

1. 鉛筆入力の方法

まずは、プロジェクト画面のツールバーから鉛筆を選択

MIDIパートを作る

ツールバーの鉛筆に戻す

次に、下記のMIDIパート(MIDIデータを入れる箱)を選択してから、

MIDIパート選択

ダブルクリック か 

または、

エンターキーを押します。

すると、下記のWINDOW(キーエディター)が表示されます。

キーエディター初期画面

この画面で、MIDIを入力したり編集したりします。

1-1 MIDIを打ち込もう

では、キーエディターの左上にある、

ツールバーの中の鉛筆を使って、画面上で適当にクリックしてみてください。

鉛筆入力

赤いMIDIノート(棒線)が入力されましたか。

それが、音符になります。

 

1-2 再生しよう

入力したものを聴きたい際は、

下記トランスポートパネルのスタート(赤い矢印)、そして停止はです。

トランスポートパネルスタート

ちなみに、入力キーボードのスペースキーでも「再生」や「停止」が出来ます。

 

1-3 クリックを鳴らしてみよう

クリック音(メトロノーム)を鳴らすには、右上にある赤い矢印CLICKをON(白)にします。

そうすると、再生と共にクリック音が鳴るようになります。

 

1-4 MIDIノートを消すには

入力したものを消す際は、下記ツールバーの削除で消すことが出来ます。

消しゴムで削除

または、消したいものの上でDelete(デリート)を押すか、またはBackspace(バックスペース)でも同じように消すことが出来ます。

 

1-5 ドレミファソラシドを入力しよう

では、ドレミファソラシドを4分音符で入れてみましょう

まずは、左上のツールバーの鉛筆を選択。

次に、右上の赤い部分で1/4(4分音符)を選択

キーエディタードレミファソラシド

では、1小節目から、左下のC3の位置に順に打ち込みをしていきましょう。

打ち込みが終わったら再生してみてください。

再生されましたか。

以上が、鉛筆を使った入力方法です。

 

まとめ. 鉛筆入力のMIDI打ち込みを覚えよう

関連記事:CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

dtmメソッドモバイル

-CUBASEでMIDI打ち込み

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.