DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ProTools 使い方

ProTools AUDIOFILE(オーディオファイル)を出してみよう

更新日:

Protoolsの中では大きく分けると、MIDIとオーディオでの曲作り方があります。

その中で本日は、オーディオファイルを使った曲の作り方を説明したいと思います。

<Protools12以下対応内容>

1. Audio File(オーディオファイル)の出し方

まずは、メニューの中の、

「ファイル」

「インポート」

「オーディオ」

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio.jpg

 

1-1 場所を選択

まずは、ファイルの場所という所で、オーディオファイルのある場所を選択する必要があります。

※Protools12のバージョンには、数ギガバイトほどのオーディオファイルが付いていますので、そのデータをここで読み込みます。

オーディオファイルのデータを知らないという人は、ご自分の登録したAVIDのアカウントにログインして、ダウンロードリンクがあると思います。

そこからダウンロードしておいてくださいね。
AVID

 

分からない方は、Protoolsのオーディオデータをドキュメントなどに保存しておいてくださいね。

Protools のオーディオを選択していくと、下記のような画面になると思います。

audio2.jpg

さらにフォルダをクリックしていきましょう。

そうしたら、下記のようにオーディオファイルが表示されると思います。

 

1-2 再生してみよう

audio3.jpg

それを選んで、赤い矢印の再生を押してみてください。

音が再生されたと思います。

 

1-3 オーディオファイルを読み込んでみよう

では、あなたが選択したオーディオを、セッションへ取り込んでみましょう。

 

まずは、オーディオ素材をダブルクリックして、「完了」ボタンをクリックです。

 

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio4.jpg

「現在のフォルダを使用」をクリックです。

また、違うWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio5.jpg

上記のように設定してOKをクリックです。

そうしたら、セッションに AUDIO FILE(オーディオファイル)が表示されると思います。

セッションに取り込んだら、鳴らしてみてください。

鳴りましたか♪

 

さいごに. オーディオファイルを使ってインスピレーションから曲を制作しよう

色々なオーディオファイルを出すことが出来るので、曲作りの幅を広げる為にいかしてください。

また、ミックスをする際にも、Vocal(ボーカル)やGuitar(ギター)を読み込むことがあると思いますので、今回のやり方を覚えておいてくださいね。

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

関連記事:ProToolsオーディオファイル(バウンス)

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ProTools 使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.