DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASE設定

CUBASEVSTコネクションの設定の仕方

更新日:

キューベースアイコンVSTコネクション

前回のデバイス設定が終わったら、「CUBASEデバイス設定(インターフェース)

次は、VST コネクションの設定をしましょう。

VSTコネクションは、ボーカルやギターを録音するための接続や、またオーディオインターフェースとの接続を設定する機能です。

今回は、この接続方法を解説していきます。

スポンサーリンク

VSTコネクションの設定の仕方

VSTコネクションの設定のウィンドウを開くには、

メニューの中の「デバイス

VST コネクション」をクリックします。

Cubase9.5の方は、メニューの「スタジオ」から「オーディオコネクション」を選びます。

すると、下記のウインドウが出ると思います。

VSTアウトプット

ウィンドウ内に、

「入力」

「出力」

「グループFX」

「外部FX」

「外部インストゥルメント」

「スタジオ」

とタブがあると思います。

Cubase ElementsやAIなどのバージョンは、一部タブが表示されませんのでお気をつけください。

 

その中の、基本設定する部分は「入力」と「出力」の2ヶ所で、この部分は全てのCubaseのバージョンに機能があります。

まずは、

「出力」タブ

をクリックしてください。

そうすると、Window内(ウィンドウ)の表示が変わると思います。

出力の設定

次に、デバイスポート(青い色のところ)をクリックしてください。

そこが「未接続」になっていると音が出ませんので、

左(上)をAnalog 1(left) にし、

右(下)をAnalog 2(right) を選んでください。

 

もしくは、上記画像の「赤い矢印」のところをクリックし、ご自分のオーディオインターフェースの機器の名前を選んでみてください。

出力が正しく設定されると思います。

 

次に、

「入力」タブ

を選んでください。

VSTインプット

出力の時と同様に、デバイスポート(黄色のところ)が「未接続」になっていると、ボーカルやギターが録音できませんので、

  • 左(上)をAnalog 1(left 
  • 右(下)をAnalog 2 (right)

を選んでください。

※インターフェースによっては、Leftが1で、Rightが2などの表示もあります。基本的に上に表示されている順に設定をしてみてください。

設定したら、ウィンドウを閉じて終了です。

 

さいごに

VSTコネクション(スタジオコネクション)は、オーディオインターフェースの録音(入力チャンネル)や、音を出す(出力チャンネル)を決める部分です。

この接続方法を、しっかりと覚えてくださいね。

次の記事:CUBASEのプロジェクト設定の方法

他の勉強になる記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

-CUBASE設定

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.