DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ミックスダウン マスタリング

プロジェクトのオーディオファイルを整理する方法

今回は、オーディオファイルやサンプルを整理する方法です。

Cubase Pro 8以下全バージョン対応内容です。

1. オーディオファイル(サンプル)をプールから削除しよう

プロジェクトを立ち上げて、オーディオファイルを出したり、

また、

歌やギターなどを録音したりすると、オーディオファイルが出来ます。

 

それらオーディオファイルは、

プロジェクトから消す(Delete)と、CUBASE上からは消えたように見えますが、ハードディスクにはしっかりと残っています。

 

それらは、CUBASEのプールという所で消す(ハードディスク上から)作業を行うことで、完全に削除することが出来ます。

 

1-1 完全にファイルを削除する方法

やり方は、

メニューの中の

メディア

プールを開くをクリック

すると、下記のWindow(ウインドウ)が表示されると思います。

プールを開く

その中の、

Audio(オーディオ)フォルダは、CUBASEのプロジェクト上にあるオーディオファイル、要するに必要なオーディオファイルとなります。

CUBASEのプロジェクト上から消したものは、ゴミ箱フォルダの中にあります。

では、いらないオーディオファイルを消してみましょう。

 

1-2 プール(HDやSSD,USBなど)からの消し方

まずは、メニューのメディアから

使用していないメディアを削除

ゴミ箱

 

そして、もう一度メニューの中の

メディア

ゴミ箱を空にするをクリック

削除を選ぶことで、完全に消すことが出来ます。

 

まとめ

ハードディスクの領域も空くので、オーディオファイルを扱う際は、この作業をこまめに行うといいです。

関連記事:オーディオファイルの作り方(ミックスダウン)

関連記事:DTM PCを高速化しよう② 動作が重くなっていませんか

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ミックスダウン マスタリング

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.