DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASE設定

CUBASE5.5での新規プロジェクトの立ち上げ方

更新日:

CUBASE 5.5、STUDIO、ESSENTIAL 5では、新規プロジェクトの立ち上げ方が、プロジェクトアシスタントという画面に変更になりました。

今回はそのやり方をお教えします。

※Cubase AI 含む5.5以下のバージョン対応内容

プロジェクトアシスタントで新規プロジェクト

まずは、

メニューのファイル

新規プロジェクトをクリック

すると下記の画面(WINDOW)が表示されると思います。

CUBASE5.5プロジェクト

上記画面が出たら、赤い矢印のその他をクリック

そして、

画面内の、Empty(空)をクリック。

 

ここは、これから作るプロジェクトファイルの保存先を決めるところです。

保存先

プロジェクトの保存先指定

 

最後に、下記のウインドウで、フォルダの名前を決めて入力すればOKです。

プロジェクトフォルダの名前

作成で、プロジェクトが開きます。

 

Cubase5以下の設定方法

上にあるメニューの中のファイルから

新規プロジェクトを選択

下記画像の空白を選択

CD4プロジェクト

そうすると、「ディレクトリの選択」という、ウィンドウが出ると思います。

※ディレクトリの選択というのは、これから作る保存先の場所のことです。

ハードディスクにフォルダを作って、その中にこれから作るファイルを貯めていくとよいです。

もしもどう作ってよいか分からない場合は、ドキュメントにCubase Projectsという名前のフォルダがありますので、それを選んでください。

これでプロジェクトファイルが立ち上がります。

 

次に見ると良い記事は、CUBASEでの3つのMIDI打ち込み方法【鉛筆入力】

 

まとめ

新規プロジェクトの保存先は、とても大切な設定部分です。

ボーカルやギターを録音したりする際にここを適当に設定をすると、後でオーディオファイルが他のプロジェクトの物と混在してファイルが見つからなくなったり、また、間違って読み込まれたりして困りますよ。

ですので、最初にしっかりと保存場所を指定しておきましょう。

関連記事:CUBASEVSTコネクションの設定の仕方

関連記事:MIDIとInstrumentトラックの違いは

dtmメソッドモバイル

-CUBASE設定

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.