DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase プラグインエフェクト

音を左右に動かそう:Autopan(オートパン)をかけよう

更新日:

前回は、MIDIインサートを使って、音を左右に振る方法を解説しました。

MIDIエフェクト(Auto LFO)で音を左右に規則的に動かそう

今回は、ソフト音源にAutoPan(オートパン)をかける方法を、CUBASEに付属の音源、Halion Sonic SEで説明しますね。

※SampleTank3やKontakt5などのソフト音源でも、同様に使用出来ますのでお試しください。

スポンサーリンク

オートパンのかけ方

Cubase9.5 LE AI含む全バージョンの方は、AuToPanが新しくなっておりますので下記を参考に

 

まずは、Halion Sonic SEを出しましょう。

メニューのプロジェクト▶トラックを追加▶インストゥルメントをクリック

トラックの追加ウィンドウ

トラックを出したら、インストゥルメントなしの所をクリックして、

 

Synthの中の Halion Sonic SE を選択します。

そして、Keyboardのカテゴリーを選択し、右の項目からからエレピの音を選んでください。

※Natural Tinesを選択しました。

 

下記のインストゥルメントトラックをクリックしてください。

インストゥルメントトラック選択

そうしたら、インスペクター(左の部分の呼び名)に、トラックの情報が表示されます。

 

インスペクターの各項目

  • オーディオ Inserts
  • EQ
  • オーディオ Sends
  • オーディオフェーダー
  • ノートパッド
  • クイックコントロール

この中の オーディオ Inserts をクリック

下記四角い枠のところで、左クリックしてみてください。

cubase8.5 インサート表示

 

そうすると、プラグインエフェクト一覧が表示されると思います。

その中の、Modulation(モジュレーション)

AutoPanをクリック

 

すると、下記のエフェクトウィンドウが表示されると思います。

各機能の設定方法

CUBASE 9以下のバージョンに、付属で付いているエフェクトです。

旧autopan

調整するつまみは多くありませんが、音の効果は抜群です。

  • Width(ウィズ):左右の音の広がりを調整します。
  • Width下の波形:音の揺れ方をSine WaveとTriangle Waveのどちらか選びます。
  • Rate(レイト):音の速さを調整します。
  • Sync(シンク):CUBASEのテンポに同期させるボタンです。

 

エレクトリックピアノにかけるおすすめの設定は、Widthは80、Rateを0.8~1.1の間。

調整したら、音を聴いてみて下さい。

音が規則的に左右に動きましたか。

 

さいごに. 音を左右に動かして変化をつけよう

エレクトリックピアノやシンセパッドなどの音色に、オートパンをかけると特に効果があります。

また、オートパンはミックスなどでもよく使用するエフェクトなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

関連記事:Cubase サイドチェインの使い方【EDM必須】

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

-Cubase, プラグインエフェクト

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.