DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

DTM PCとMacの便利な使い方

Macの画面をキャプチャ!アプリの使い方をスクショしませんか

更新日:

アプリケ-ションをインストールした時や、色々なサイトにアカウントを作った際に表示される重要な情報。

また、使っているアプリの画面を忘れないように、スクショしてデータを取り込んでおきたいと思った事などありませんか。

これをノートやその他にメモして書くには少し面倒ですよね。

本日は、これらの情報をスクショ出来るMacのアプリ、グラブの使い方を解説します。

<Mac OS全バージョン対応内容>

スポンサーリンク

Mac キャプチャするツール(グラブ)の出し方

Mac(マック)のデスクトップ画面の写真を取り込んでみましょう。

まずは、Dockの中のFinderをクリック

dockのfinder

ウィンドウが出たら左上にあるアプリケーション

下の方にあるユーティリティの▶をクリック

アプリケーションからグラブ

グラブを選択

 

すると、グラブが立ち上がり、Macメニューバーがグラブに変わります。

グラブツールを使ったキャプチャ方法

次に、メニューバーの取り込みの部分には、4つの項目があります。

  • 選択部分
  • ウィンドウ
  • スクリーン
  • タイマー

よく使うことになるのは、ウィンドウとスクリーンです。

Dockへグラブを置いておくと、すぐに立ち上げることが出来ますので便利です。

 

選択範囲を決めてキャプチャする方法

一部のスクリーンショット

キャプチャしたい部分を、選択してキャプチャする方法です。

やり方は、グラブメニューの取り込み

選択部分をクリックします。

その後、マウスでドラックしながらスクショしたい範囲を選択します。

 

スクショしたデータの保存の方法

保存方法

取り込んだウィンドウが表示されたら、保存(ショートカットキー command + S)を押します。

  • 名前:名称未設定の名前を書き換えます。ファイル名を適切に入力しておくと、後で検索で引っかかりますので便利です。
  • タグ:ここは入力しなくてもOKです。
  • 場所:保存場所を指定します。書類の中がよいと思います。
  • フォーマット:保存するファイル形式です。PNGを選択します。

これで良ければ保存します。

削除を押すと、データをを消すことが出来ます。

 

ウィンドウをキャプチャするやり方

ウィンドウのスクリーンショット

名前の通り、ウィンドウをキャプチャ(スクショ)します。

やり方は、メニューの取り込み

ウィンドウ

ウィンドウを選択をクリック

すると、下記ウインドウが表示されて、キャンセルとウィンドウを選択が選べますので、ウインドウを選択をクリックします。

次に、取り込みたいウィンドウを左クリックすると、キャプチャできます。

後は、上記『スクショしたデータの保存の方法』と同じです。

 

デスクトップ全体をキャプチャするやり方

全体のスクリーンショット

デスクトップ画面全体をキャプチャ(スクショ)します。

スクリーンを選んでから画面端を選ぶと、画面全体をキャプチャします。

 

後は、上記『スクショしたデータの保存の方法』と同じです。

 

10秒後にスクリーンショットを撮る方法

全体スクリーンショット

10秒後に、スクショする方法です。

スクショ出来ないところも狙ってスクショできます。

後は、上記『スクショしたデータの保存の方法』と同じです。

 

簡単にスクショする方法

MacOSでは、command + Shift + 3 を押すと、画面全体をスクショすることが出来ます。

また、

command + Shift + 4 をクリックして、マウスカーソルが十字キーになったら、キャプチャしたい範囲をドラッグすることで、選択した範囲のみをスクショできます。

 

スクショした画像は、デスクトックに保存されます。

 

まとめ.

色々なアプリの使い方をスクショしたり、また、ネットで買い物などした際に、メールアドレスの画面やパスワードをキャプチャしておくと覚えておく必要がないので便利です。

色々なやり方を覚えれば、効率的に成長できますよ。

ぜひ使いこなしてくださいね。

関連記事:Mac ホームフォルダにライブラリを表示する方法

関連記事:パソコンやMacを安定化・高速化しよう

-DTM, PCとMacの便利な使い方

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.