DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

レコーディング,録音

Cubaseへボイスレコーダーの音を録音するには

更新日:

Cubaseでボイスレコーダーの音を録音する方法をご説明します。

Cubaseの設定とそして

※Cubase全バージョン対応の内容

ICレコーダーの音をCUBASEに取り込むには

まずは、VSTコネクション(音の入出力を管理する所)の設定を行わなければなりません。

メニューのデバイス

VSTコネクション

入力タブをクリック

インが未接続になっていないかチェック

未接続の場合は、お持ちのオーディオインタフェースやその他の機器の入力にセットしてください。

VSTコネクション(音の入出力を管理する所)の細かい設定はここをクリック

 

次に、オーディオトラック(音を録音するトラック)を作ります。

メニューの編集

トラックの追加

オーディオトラックの追加をクリック

構成はMonoを選択します。

するとオーディオトラックができます。

 

オーディオトラックの入力設定を行わなければなりません。

まずは、録音したいオーディオトラックを追加

次に、左に表示されているインスペクターのオーディオインのアイコンがある所を、

先ほど、VSTコネクションで設定したものに変更します。

 

ボイスレコーダー、ICレコーダーの設定

ボイスレコーダーも色々なタイプが出ておりますが、一般的な取り込み方では、まず、ボイスレコーダーのヘッドフォン部分に、ステレオミニプラグ端子をさして、そして、オーディオインターフェースをお持ちの人は、その入力端子にフォン端子を挿すことです。

片方がステレオミニプラグで、もう片方がフォン端子でなければいけません。下記のような物になります。

 

Cubaseの録音ボタンを押したのち、ボイスレコーダーの再生ボリュームを適量に調整してあげるのみです。

どんどん音を取り込んでくださいね。

さいごに

関連記事:歌が上達する方法(継続力を身につけるには)

関連記事:初心者でも出来る作詞の簡単なやり方

dtmメソッドモバイル

-レコーディング,録音

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.