DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ミックスダウン マスタリング

CUBASEのAUDIOフォルダってどんな役割?

更新日:

CUBASEのオーディオフォルダ

Cubaseを使っている人は、プロジェクトフォルダの中にAudioというフォルダとImagesというフォルダが入っているのを見たことがあると思います。

この2つのフォルダーは、CUBASEで新規プロジェクト(新しいプロジェクト)を作ると出来るフォルダです。

今回は、この2つのフォルダの役割を、説明していきます。

※Cubase 9~AI 8以下全バージョン対応内容

スポンサーリンク

dtmメソッドPC

Audioフォルダの役割

まずは、Audioフォルダを作って見ましょう。

新規プロジェクトを作ると自動的に出来ます。

新規プロジェクトの作成方法は、下記を参考に
CUBASE新規プロジェクトの立ち上げ方

 

Windowsの場合は、ファイルの保存先をドキュメントの中の、Cubase Projectsにしてみましょう。

フォルダの名前をDEMOと入力すると、出来上がるDEMOという名前のフォルダの中に、Audioというフォルダが一緒に出来ます。

audio12.jpg

MACの場合は、保存先を 書類 の中の、Cubase Projectsの中へしてみてください。

 

オーディオファイルが保存される場所が Audio フォルダ

たとえば、このプロジェクトで、歌をレコーディングしたとします。

その歌のデータ(オーディオファイル)は、このAudioフォルダの中に保存されていきます。

そして、オーディオファイルの波形のイメージ情報が、Imagesというフォルダの中に記憶されます。

 

その後、一度プロジェクトを保存して、再度開く際にこのAudioフォルダから録音されたオーディオファイルを、読み込みますので、この中のファイルを移動したり消したりしてはいけません。

もしも移動してしまうと、プロジェクトを開いた際に、オーディオファイルが読み込めなくなり、見つからないファイルというウィンドウがでます。

そうなると、オーディオファイルがある場所を指定しなければなりませんので、PCやMacに詳しくない人は面倒になります。

 

オーディオファイルを消すには

また、分からずにオーディオファイルを消すことはいけません。

もしもオーディオファイルを消す際は、プールという所で行います。

オーディオファイルの消し方

「 プロジェクトのオーディオファイルを整理する方法

 

さいごに. 自動的に出来るフォルダーは消したりしないこと

自動的に出来るフォルダーを間違えて消してしまったり、また、プロジェクトファイルの保存先も安易に変更してはいけません。

後で面倒になることがありますので、気をつけましょう。

関連時期:Cubase 録音方法を覚えよう【レコーディング】

関連記事:Cubase グループチャンネルの便利な使い方を覚えよう

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ミックスダウン マスタリング

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.