DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

ProTools MIDI入力

ProToolsインストゥルメントトラックに音源を出そう

更新日:

音を出すには、インストゥルメントトラックを表示して、そのトラックにProtools音源の、MINI GrandやXpand!2などの音源を、出さなければなりません。

今回は、その正しい出し方を説明していきます。

<Protools全バージョン対応内容>

MIDI打ち込みをするためのインストゥルメントトラックを表示しよう

まずは、メニューの中の

トラック

新規をクリック

すると以下の画面が表示されると思います。

トラック選択

新規

その中の、新規という部分は、トラックの数になります。

今回は、1を選びましょう。

 

作成

Mono(モノラル)とStereo(ステレオ)から選びます。

音源によって選ぶ物が違ってきます。

Stereo(ステレオ):ピアノ、シンセサイザー、ストリングス、ブラス、オルガン、ドラムスなど

Mono(モノラル):ギター、ベース、リードなど

 

通常の曲作りの際は、Stereo(ステレオ)を選びます。

 

トラックの種類選択

  • オーディオトラック:ボーカル録音やギター録音などを行う際のトラック
  • Aux入力:エフェクトを使用する際のトラック
  • マスターフェーダー:Protoolsのマスターチャンネル(最終出口)のトラック
  • MIDIトラック:付属のXpand2などの、マルチ音源を使用する際のトラック
  • インストゥルメントトラック:各音源を出すためのトラック(大切)

今回はMIDI打ち込みをするので、インストゥルメントトラック を選びましょう。

 

形式

サンプルとティックを選べますが、ここはティックを選びます。

オーディオトラックなどは、サンプルを選びます。

 

最後は作成をクリック。

すると以下の画面が表示されると思います。

PTトラックの表示

もしもセッションを立ち上げているにも関わらず、Window(ウィンドウ)が表示されない場合は、

メニューの中の

ウィンドウ

編集をクリックしてみてください。

セッションウィンドウが表示されると思います。

次の記事は、ProTools音を出してみよう(MiniGrand)

 

テンポの変え方は:ProToolsクリック(メトロノーム)出し方

 

さいごに. 一つひとつ使い方を覚えよう

音源を出す最初のステップです。しっかりとやり方を身につけましょう。

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

関連記事:ProToolsでリバーブをかける方法【AUX入力の使い方】

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-ProTools MIDI入力

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.