DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase CUBASE問題

オーディオミックスダウン書き出しのトラブル改善法

投稿日:

最近Windowsデスクトップパソコンで、Cubaseはバージョン8.5.30 pro 64ビットを使用していた際、2MIX マスタリングをするためにオーディオミックスダウンを行なっていたときにトラブルが出ました。

それも2週間続けて同じ系統だけど違うトラブルが出たので、その内容をお書きします。

同様のトラブルのあった人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1, ミックスダウンのファイル形式のトラブル

問題は、下記画面のファイル形式のMPEG 1 Layer 3 Fileの書き出しを選択しても、ビットレートやサンプリングレートの表示に変わらない。

ミックスダウン書き出しの、MP3項目トラブル

そして、上記の状態で書き出そうとしてもエラーが出る。

 

解決法

何度書き出しを行なっても上手くいかなかったので、一度キューベースを終了しました

そして、再度プロジェクトファイルを立ち上げたら、MP3の項目の表示が元に戻っており、無事に書き出すことが出来ました。

MP3設定改善後ウィンドウ

仕事のファイル無事に送れて、助かりました。

 

2. オーディオミックスダウンがいつまでも終わらない

オーディオミックスダウンの設定(44100Khz、32ビット)を行なった後、書き出しをクリック。

書き出しを始めるが、10分経っても終わる気配がなし。

書き出し中画面

表示がこのまま全く動かず、10分待っても終わらない。

 

解決法

とりあえず書き出しを10分待った後、先の画面右下のキャンセルを押しました

そうすると、フリーズしていたわけでなく無事キャンセルされました。

その後指定していた書き出し先のフォルダには、無事に書き出した2MIXファイルが無事にありました

Windows Media Playerで再生しても、無事に再生できましたよ。何よりです。

 

おわりに

Cubaseを使っていて色々なトラブルはつきものですが、問題が起こっても焦らず対処したいのものです。

関連記事:CUBASEの初期化の方法

関連記事:コードトラックの便利な使い方を覚えよう【Cubase】

-Cubase, CUBASE問題

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.