DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Cubase CUBASEの使い方

Cubase サンプラートラックの使い方

更新日:

今回は、Cubase9や9.5から実装されたサンプラートラックを使った、フレーズ作りを解説していきます。

サンプラーは、Cubase Pro9や9.5、Artist、Elementsにも共に付属されております。

スポンサーリンク

サンプラーとは

現在のソフトサンプラーで説明すると、外部の音を録音した物を、鍵盤やパッドに割り当てることで、音階を作る機械やソフトのことです。

主に、HIPHOPやEDM、POPSなどのジャンルで使用されます。

Cubaseのサンプラーは、MIDIやオーディオをサンプラーコントロールへドラッグすると、自動的にオーディオファイルに変換してくれます。

 

商業音楽で聴く、下記のようなピッチが徐々に上昇するシンセパッドのフレーズを作ります。

音色は、CUBASE Elements以上のバージョンに入っている、Analog Padでやり方を解説しますね。

 

HALION SONIC SEの音色の出し方

インストゥルメントトラックでHalion Sonicを選択して、音色を選びます。

Category(カテゴリー)はSynth Pad

右の結果から、Analog Padを選びます。

 

音色を出したら、MIDIパートを作ってF、A、C、Eの音を8小節引っ張ってください。

下記のように出来ましたか。

MIDIパートでFM7を入力

 

打ち込み方のやり方が分からない時は、

Cubase ピアノでコードのMIDI打ち込みをしよう

 

トラックの出し方

メニューのプロジェクト

トラックを追加

サンプラーを選びます。

クリックすると、下記Sampler Track(サンプラートラック)が作られます。

MIDIトラック

 

音を割り当てる方法

まずは、Halion Sonic SEで作ったSynth Padをサンプラーコントロールへ移動します。

やり方は、

MIDIパートを左クリックしながら、下のDrop Audio Sample or MIDI Part Here!へ持っていき、クリックを離します。

MIDIのクリック&ドロップ

 

すると、波形になって表示されます。

サンプラートラック全体画面

 

サンプラーコントロールの機能の説明

CubaseのサンプラートラックのC3をクリックかまたは、鍵盤がつながっている場合は、C3を弾くとFM7のSynth Padの音が鳴ります。

 

まずは、サンプラートラックのC3に、8小節のMIDIノートを書きます。

 

主に使用する部分の仕組みを、説明していきます。

まずは、右上部分。

FIX

このボタンを押すと、音階が演奏できなくなります。

fixボタン

 

逆再生(おすすめ)

このボタンを押すと、サンプルを逆から再生することが出来ます。

押すと面白いアイデアが出るので、試してみてください。

逆再生

 

モノフォニック

このボタンを押すと、和音を鳴らせなくなります。

機能の主な使い方は、リードフレーズやベースなどを作るときなどです。

モノモード

 

別ウィンドウで開く

サンプラートラックを、別ウィンドウで開いて編集する事ができます。

別ウィンドウで開く

 

下にある音の編集部分

AudioWarp

オーディオワープ

タイムストレッチでオーディオ波形を伸縮させたり、フォルマントシフトで音色を調整します。
今回は使用しておりません。

  • Mode:SoloやMusicを選択して、使う機能を選択します。
  • Sync:再生速度をCubaseに同期するか、手動で調整するかを選びます。
  • Legato:再生ポジションが、変わります。
  • Speed:オーディオサンプルの再生速度を調整。
  • Formant:声などのオーディオサンプルを、調整する際に使用します。

 

Pitch(おすすめ)

ピッチ調整

音のピッチの高さを調整します。

  • COARSE:1移動で半音(semitone)
  • FINE:半音を1/100で移動(cent)
  • GLIDE:2つの音の間を、滑らかに移動する機能。

 

Filter(おすすめ)

フィルター調整

TYPE:フィルターのタイプを、(Tube、Classic、Clip、Bit Red、Rate、RateKF)から選びます。

通常は、Tubeを選ぶ。

SHAPE:フィルターのカーブを選びます。

通常は、HP24かLP24を選ぶ。

  • CUTOFF:カットしている周波数帯域を選びます。
  • RESO:カットしている周波数帯域を強調する機能。
  • DRIVE:歪みを加えます。

 

Amp

アンプ調整

  • VOLUME:音量調整をします。
  • PAN:音の位置を選びます。

 

フレーズ作り

オートメーションの書き込み

まずは、左上赤い矢印にあるW(Write)を押します。

次に、再生をしながら、PitchのFINEのつまみ左から右へ回します。

サンプラーコントロールピッチ画面

その後、Wを消して、R(Read)のみにします。

そして、一度再生してつまみが動くか見てください。

 

マウスで動かした設定が、書き込まれていると思います。

 

その後、サンプラートラックのオートメーションを調整して、下記のように調整します。

サンプラートラックにオートメーション書き込み

オートメーション調整数値

Pitch Fineは、2~4小節目の間に、-100から100へ記入

Filter Cutoffは、1~3小節の間に、500Hzから20000Hzで記入

フレーズ後半は、Pitch Coaeseで、5度下移動、6度上行で遊んでいます。

 

オートメーションの、細かいやり方は下記で勉強してください。

Cubase オートメーションの使い方

 

本格的なサンプラーが欲しい場合は、NATIVE INSTRUMENTSのKOMPLETEがおすすめですよ。今回説明した内容にプラスアルファの様々な機能が含まれます。


NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 11

 

さいごに

キューベースのサンプラートラックは、使い方によって色々なアイデアがわいてきます。

色々と実験して、新しいフレーズを考えてみてくださいね。

関連記事:Cubase 録音方法を覚えよう【レコーディング】

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

-Cubase, CUBASEの使い方

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.