DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

Windows10

Windows ログインパスワードを省略して、起動を速くしよう

更新日:

セキュリティと鍵

Windows OSを起動後、毎回パスワードを入力していませんか。

もしも自宅で1人しかパソコンを使わないのでしたら、毎回入力するのは面倒ではありませんか。

これを、入力しなくても良いように省略する方法があります。

今回は、デスクトップ型やノートPC(パソコン)を使っている人向けの、OS起動時にパスワードを解除する方法を解説していきます。

<Windows10、8.1、7対応記事>

スポンサーリンク

パスワードを解除する方法

Windows10と8.1の解除のやり方

まずは、

デスクトップ画面、左下スタートの上で右クリック

スタート

赤い部分のファイル名を検索して実行を左クリック

ファイル名を検索

すると下記画面が表示されます。

ファイル名を検索して実行

次に、名前の欄に「 Control userpasswords2 」を入力
※コピー&ペーストして使ってください。

すると、下記画面が表示されます。
ユーザーアカウント設定

この中の、

ユーザーがこのコンピューターを使うには、パスワード入力が必要 」のレ点を外して、右下の適用をクリックします。

 

自動サインインを変更する

そうすると、ユーザー名パスワードを入れる項目が表示されます。

その中に、現在Windows起動時に、入力しているパスワードを入力して OK を押せば完了です。

自動サインイン設定

 

設定したら、一度コンピュータを再起動して見てください。

OSの起動時に、パスワードがリセットされ、普通にログインできるようになります。

 

設定を元に戻したい場合の方法

自動サインインの設定を停止したのち、PCを誰かに見られる問題などでてきた場合は、再度パスワードを設定しましょう。

 

その場合は、

先ほどの赤い枠のところにレ点をを入れて、右下の適用をクリックすれば元の状態に戻ります。

004

 

 

Windows7 でパスワードを変更、削除するやり方

まずは、デスクトップ画面の左下のスタートをクリック

次に、コントロールパネル

そのウィンドウの中の右上の、表示方法の 大きいアイコン に変更します。

005

 

色々なアイコンの中の、ユーザーアカウント をクリック。

そうしたら、ユーザーアカウントのウィンドウが表示されると思います。

その中の パスワードを削除 を選ぶ。

現在使用しているパスワードを入力して、パスワードを削除を選ぶ。
※もしもパスワードを変更したい際は、変更したいパスワードをいれればOKです。

 

これで、今後Windowsを起動した際に、パスワードを入力しなくてもよくなりますよ。

 

まとめ. 使いやすくログインパスワードを省略しよう

起動時のパスワードは、会社や自宅などでパソコンの内容を見られる可能性がある場合は、必要になります。

ですが、1人しか使用していない場合は、起動時のパスワードの入力を省略して、時間を有効に使っていきましょう。

関連記事:パソコンやMacを安定化・高速化しよう

関連記事:【オススメ】Windows10のフォントを 7や8.1に変更して見やすくしよう

-Windows10

Copyright© DTMメソッド , 2018 All Rights Reserved.