DTMメソッド

*

トランスポートパネルのカスタマイズ

   

再生や録音ボタン、テンポや拍子を変えたり、クリックやプリカウントを入れたりする様々な機能のトランスポートパネル。

このパネルの、カスタマイズ方法をご説明します。
※Cubase8.5からAIまで全バージョン対応内容

トランスポートパネルのカスタマイズをしよう

まずは、トランスポートパネルを表示させましょう。

表示させるには、

メニューの中の「トランスポート」

トランスポートをクリック。

すると、以下のパネルが表示されると思います。

transport.jpg

次にトランスポートパネルの上で、右クリックすると、下記の画面が表示されると思います。

tranceport2.jpg

生徒の皆さんには、

  • パフォーマンス
  • ロケーター
  • メイントランスポート
  • メイン+同期
  • マーカー
  • オーディオ状況

この6つに、レ点を入れることを勧めています。

 

ちなみに私は、

  • パフォーマンス
  • メイントランスポート
  • メイン+同期
  • オーディオ状況

この4つにレ点を入れています。

 

また、カスタマイズしたトランスポートパネルの設定を保存することが出来ます。

先ほどの画面の一番下「設定」という所をクリックしてみてください。

すると、下のウインドウが表示されると思います。tranceport3.jpg
赤い矢印のところをクリックし、好きな名前を入力して保存をクリックすると、設定を保存できます。

後は、トランスポートパネルの上で、右クリックをすると、先ほど保存した名前が一番下に出てきますので、それを押すと設定した機能に瞬時に変わります。

 

画面の表示に影響するので、トランスポートパネルをカスタマイズすると作業範囲が広がり便利になります。

特に、大きめのモニターを使ってない人は、画面を広く使えるようになるので便利だと思います。

皆さんもぜひ試してみてください♪

 

さいごに

関連記事:CUBASE以前作ったファイルとバックアップファイルの開き方

関連記事:Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

 - CUBASEの使い方

メソッド

メソッド

  関連記事

MIDIフレーズの小節数を変更する
MIDIフレーズの小節数(長さ)を変更する方法

生徒の質問を記事にしております。 生徒 先生お聞きしたいことがあるのですが、キュ …

CUbase ピッチベンドを使おう
Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

MIDI打ち込みをリアルにする際や、一部楽器の奏法を細かく入力する際に使用するP …

Variaudioの使い方
Cubase VariAudioの使い方【ピッチを調整するやり方】

Cubaseの付属のピッチ調整ツールのVariAudio(バリオーディオ)の使い …

CUBASEでマーカトラックを使おう
CUBASEでマーカートラックを使おう

曲を作っていくと、AメロやBメロはどの小節から始まり、サビはまたどこから始まるの …

曲のテンポを変えてみよう
曲のテンポを変えてみよう

どうもとおるです。 今回は、Cubaseでのテンポの変え方を説明します。 ※Cu …

テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法
テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法

CubaseのTEMPO(テンポ)に関するやり方をご説明します。 ※Cubase …

プロジェクトファイルの保存の方法
CUBASEプロジェクトファイルの保存の方法

Cubaseでは、途中まで作ったファイルを保存して、また後日その続きから行う事が …

曲の途中で拍子を変える方法
【Cubase】曲の途中で拍子を変える方法

前回は、テンポを変える方法「 テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法 」 …

CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語
CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語

CUBASEには色々なDTM用語がありますが、その中でよく使われる機能や用語をお …

CUBASE初心者講座
Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

Cubaseでは、色々な方法で作曲・編曲が出来ますが、色々な方法があるためにかえ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ