DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASEの使い方

音楽CDやSAMPLINGCDを取り込もう!

音楽CDや、SAMPLING(サンプリング)CDを、CUBASEに取り込めるって知っていましたか。

SAMPLING(サンプリング)CDを購入して使用するには、一度CUBASEでCDの中身を取り込む必要がある物があります。

また、音楽CDを取り込む際は、コピーガードなどがかかっていても問題なく取り込めます。

※取り込んだ音楽を他人に広めたりすると違法になるので、個人の楽しみだけに使用してくださいね。

今回は、この方法をお書きします。

取り込む方法(リッピング)

さて、やり方ですが、

まずは、メニューの中の、

ファイル

読み込み

オーディオCD をクリック。

すると、下のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。audiocd.jpg

この中で、選択する所は、以下の所になります。

・コピーの欄の所、×マークの付いている物で取り込むファイルを選択します。

※通常は、全部選択(×マークを付ける)します。

 

次に、

・デフォルト名というところで、全体の名称を変えることが出来ます。

これは、「CDのタイトル」と「アーティスト名」などにすると分かりやすいですね。

 

最後に、保存先のフォルダーで、取り込まれるファイルの場所を選択してあげます。

これは、WIndowsやMac共に、ミュージックフォルダに、新しいフォルダを作ってあげて、そこに入れれば分かりやすいです。

 

設定が終わったら、最後コピーを押したら、CUBASEが取り込みを始めます。

データ量によっては、少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

 

取り込みが終わったら、最後右下の「OK」を押して終了です。

 

そうしたら、プロジェクトにオーディオファイルが表示されると思います。

また、先ほど指定した場所に、オーディオファイルが出来上がっています。

 

最後に、プロジェクトを保存せずに閉じるときは、オーディファイルをどうするか聞かれるので、削除しないように気をつけてください。

これで取り込み完了です♪

 

さいごに

関連記事:CUBASEオーディオファイルが再生しない

関連記事:iTunesを使ってCDに焼こう!

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-CUBASEの使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.