DTMメソッド

*

Cubase 録音方法を覚えよう【レコーディング】

   

Cubaseで録音をする際、音を入出力する設定、オーディオトラックの設定、オーディオインターフェースの設定などありますが、今回はこのやり方をご説明します。

※Cubase全バージョン対応の内容

Cubaseの録音方法

録音(レコーディング)するパートは、ボーカルやギター、ベースやドラムその他様々ありますが、今回はボーカルレコーディングを前提に説明していきます。

 

1. ボーカルレコーディング

ボーカルをレコーディングするに当たって、通常コンデンサーマイクとオーディオインターフェース、シールド(オーディオケーブル)、マイクスタンド、ポップガード、マイクホルダーなど必要になります。これらの録音機材を揃えた上でレコーディング出来ます。

オススメ機材などは、またご説明したいと思います。

 

Cubaseで録音するには、下記の4つの手順を踏みます。

  • 1.デバイス設定
  • 2.VSTコネクションの設定
  • 3.オーディオトラックの正しい出し方
  • 4.録音レベルの設定

では1つひとつ見ていきましょう。

1-1 デバイス設定

音を入出力する設定です。まずはお持ちのオーディオインターフェースのドライバがインストール出来ているかを確認しましょう。

メニューからデバイス

デバイス設定

VSTオーディオシステム


ASIOをクリックし、お持ちのオーディオインターフェースのドライバを選択します。

最後はOKを押して終了です。

細かい設定方法はこちら「 CUBASEデバイス設定(インターフェース)

 

1-2 VSTコネクションの設定(入出力の設定)

VSTコネクションの設定を行い、Cubaseとオーディオインターフェースのチャンネルを接続します。

メニューのデバイス

VSTコネクション

入力タブで設定を行います。

VSTコネクション

プリセットを選んで、Stereoをクリックします。

細かい設定方法はこちら「 CUBASEVSTコネクションの設定の仕方

 

1-3 オーディオトラックの正しい設定方法

メニューのプロジェクトから

トラックを追加

Audio(オーディオ)をクリック

オーディオの数と構成画面

数はオーディオトラックの作成数、そして構成は下記のどちらかを選択。

  • ボーカル、ギター、ベースなどの録音の際は、Mono(モノラル)を選択
  • シンセサイザー、または、MDやカセットテープ、レコード、その他の機器などの場合は、Stereo(ステレオ)を選択

今回はボーカルレコーディングですので、Mono のオーディオトラックを5つ作りました。オーディオトラック

 

1-4 録音レベルの調整

歌を歌った際に、音が割れないように録音レベルを調整します。

マイクの録音レベルつまみは、入力ケーブルを挿す端子付近に付いています。

※例で2つのオーディオインターフェースの場所を説明します。

1-4-1 UR22 USB AUDIO INTERFACE

Steinbergから出ている 録音機材です。
これの録音レベルは、INPUT GAINで調整します。他のオーディオインターフェースだとTRIMと書いてあったりします。

UR22インプットレベル

 

最近のオーディオインターフェースで5万円以上のクラスになると、パソコン内のミキサー画面で細かく調整するタイプが多いです。

1-4-2 RME BABYFACE

RMEから出ている録音機材です。

下記画面は、PC内でのマイク入力画面です。
Microphone Inputsのバーを動かして、dBの数値を見ながら調整します。右の48Vはファンタム電源のチェックです。

FIREFACE INPUT

 

録音レベルの確認

Cubaseに戻って、1の赤い部分オーディオ入力を選択して、Leftになっているか確認しましょう。オーディオ入力 モニタリング

次に、2の部分モニタリングを押すと、上記画面右のインジケーターが振れますのでマイクからのオーディオ信号が来ているかが確認できます。

振れていなければ、接続や入力チャンネルなどの設定が間違えているので、もう一度1から確認してみてください。

振れているのであれば入力信号が入っています。

 

後は、Cubaseの録音ボタンを押せば録音が開始されます。

録音ボタンON

 

設定はこれで終わりです。

まとめ. 録音(レコーディング)の基本設定を覚えよう

基本的な録音の設定方法をお書きしました。良い録音を行う為のやり方もありますので、また説明したいと思います。

関連記事:ボイスレコーダーの音を録音するには

関連記事:外部の音をCUBASEに取り込むには

 - Cubase, レコーディング,録音

メソッド

メソッド

  関連記事

REVERBを使おう
Reverb(リバーブ)を使おう

この記事の目次エフェクトは、大きく2つに分かれますリバーブの出し方FXチャンネル …

Cubase問題
Cubaseトラブル ファイル形式が不適切なので開きません

Cubaseのプロジェクトファイルが開けない問題の解決法。 今回は、Cubase …

鍵盤を弾くと音にレイテンシー(遅れ)が出ます
Cubase 鍵盤を弾くと音にレイテンシー(遅れ)が出ます

今回は、レイテンシー(遅延)についてCubaseでの内容をお書きしますが、他のP …

Variaudioの使い方
Cubase VariAudioの使い方【ピッチを調整するやり方】

Cubaseの付属のピッチ調整ツールのVariAudio(バリオーディオ)の使い …

Vocaloid オリジナル曲
ボカロ曲4曲まとめ②【VOCALOID】

生徒の皆さまが制作した、なんだかちょっぴり切ない気持ちになれるボカロ曲を4曲、制 …

DTM初心者のトラブル
DTM初心者トラブル:音が鳴らなくなります,画面から音源が消えます,回転しましたなど

生徒から受けた質問集です。※2012年以前の記事で、DTM初心者が起こしたパソコ …

ボイスレコーダーの音を取り込む
Cubaseへボイスレコーダーの音を録音するには

Cubaseでボイスレコーダーの音を録音する方法をご説明します。 Cubaseの …

CUbase ピッチベンドを使おう
Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

MIDI打ち込みをリアルにする際や、一部楽器の奏法を細かく入力する際に使用するP …

エフェクトオートパンをかけよう
音を左右に動かそう:Autopan(オートパン)をかけよう

前回は、MIDIインサートでオートパンを使用する方法を説明しました。 本日は、ソ …

サイドチェインの使い方
Cubase サイドチェインの使い方【EDM必須】

サイドチェインといったら、海外のEDM(エレクトロダンスミュージック)で使われて …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ