DTMメソッド

*

ProTools AUDIOFILEを出そう

   

Protoolsの中では大きく分けると、MIDIとオーディオがあります。

その中で本日は、

Audio File(オーディオファイル)の出し方

を説明します。

まずは、メニューの中の、

「ファイル」

「インポート」

「オーディオ」

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio.jpg
まずは、ファイルの場所という所で、

オーディオファイルのある場所を選択する必要があります。

Pro tools8には、約8GBほどのオーディオファイルが付いていますので、そのデータをここで読み込みます。

分からない方は、Pro tools8のオーディオデータをドキュメントなどに

保存しておいてくださいね。

Pro tools 8のオーディオを選択していくと、下記のような画面になると思います。

audio2.jpg
さらにフォルダをクリックしていきましょう。

そうしたら、下記のようにオーディオファイルが表示されると思います。

audio3.jpg

それを選んで、赤い矢印の再生を押してみてください。

音が再生されたと思います。

では、それを読み込んでみましょう。

オーディオ素材をダブルクリックして、

「完了」ボタンをクリックです。

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio4.jpg
「現在のフォルダを使用」をクリックです。

また、違うWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

audio5.jpg
上記のように設定してOKをクリックです。

そうしたら、セッションに

AUDIO FILE(オーディオファイル)が表示されると思います。

さいごに. オーディオファイルを使ってインスピレーションから曲を制作しよう

色々なオーディオファイルを出すことが出来るので、曲作りの幅を広げる為にいかしてくださいね♪

関連記事:ProTools初心者講座 DAWの使い方を覚えよう

関連記事:ProToolsオーディオファイル(バウンス)

 - ProTools ミックス

メソッド

メソッド

  関連記事

ProToolsオーディオファイル(バウンス)
ProToolsオーディオファイル(バウンス)

ProToolsでオーディオ化(レンダリング)する方法をバウンスと言います。 本 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ