DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASE設定

VSTパフォーマンス CPU使用率を確認

更新日:

CUBASEでソフト音源やプラグインエフェクトを多く出していくと、パソコンやMacにどんどん負荷がかかり、CPUとメモリーの使用率が上がっていきます。

結果、作業速度が遅くなっていきます。

ちなみに、それらの負荷具合はトランスポートパネルの、下記赤い矢印の部分で確認することができますが、

vstpafo2.jpg

表示が小さいため分かりにくいと思います。

 

パソコンのCPU使用率と、ディスクの転送速度を大きく見る方法があります。

1. CPU使用率とディスク転送速度を細かく確認する方法

やり方は、メニューの中の、

デバイス

VST パフォーマンスをクリック

すると、下記のWINDOW(ウインドウ)が表示されると思います。

vstpafo.jpg

ASIOとDISKと表示されていると思います。

※CUBASE7の画面です。

  • ASIOはCPUの使用量
  • DISKがハードディスクの転送速度

ということで、2つによってPCに負荷がかかっていると理解すれば大丈夫です。

 

ソフト音源やプラグインエフェクトを出せば出すほど、右へメーターが振れていきます。

下記は、CPUに負荷がかかった状態です。

vstpafo3.jpg

ただし同じプロジェクトファイルでも、PCのスペックによって負荷のかかり方は違います。

基本的に、ASIOメーターが70%を超えるとCUBASEは再生出来ますが、PCにはかなり負担になります。
そうなると大量の熱が発生するので、熱を下げるためにCPUファンが回り始めます。
またその状態が続くと、CUBASEの動作が不安定になる事があります。

そのような状態を軽減するために、パソコンの負荷をなくす機能「フリーズトラック」があります。

2. フリーズトラック

ソフト音源やプラグインエフェクトを、一時的にオーディオ化する機能(右下の6角形のアイコン)です。

フリーズトラック

このボタンを押すと、オーディオファイルになりますので、そのトラックのCPUの負荷が軽減されます。

トラックごとに行うことで曲全体の負荷を下げることができます。

おすすめDTM PC や Mac

しかし、低スペックのPCの人は、パソコンの買い替えも考えた方が良いかも知れません。

DTMに最適なPCやMacは、CPUが、Core i 5 2.4Ghz以上、メモリーが8GB以上は欲しいところです。

 

マウスコンピューターのパソコンは、数人の生徒始め、私自身も使用しているマシンでコストパフォーマンスに優れたパソコンです。

株式会社マウスコンピューター | 商品詳細 | Lm-i721B

1006Lm-i721B(ブラック)
※現在はこのPCは販売されておらず、このメーカーもお勧めとは言えなくなっております。

上記マシンは、CPUが最新のCORE i 5が付いています。

本体だけで、このグレードはお買い得です。

もちろん上のクラスのCORE i 7もオススメです。CORE i 5よりも高性能です。

パソコンの買い替えを考えている方は、一度覗いてみてください。

 

まとめ. PCやMacの負荷を確認しよう

関連記事:CUBASEのオーディオファイルの移調(ピッチ)を変更したい

関連記事:CUBASEのAUDIOフォルダって?

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-CUBASE設定

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.