DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASEでMIDI打ち込み

キーエディターでMIDIノートを入力しよう【音符と休符】

更新日:

クオンタイズウインドウ

以前のMIDI入力の続きです。「CUBASEでMIDIの打ち込み【ステップ入力】

MIDI打ち込みのキーエディター(ピアノロール)で、MIDIノートを入力していくためには、まず音符の事(音の長さ)を理解していかなければなりません。

これを説明しますね。
※Cubase全バージョン対応記事

1. 音符と休符

主な種類は次のとおりです。

1-1 基本の音符と休符のクオンタイズ

基本のクオンタイズ

※細かい音符は省いております。

基本の音符 クオンタイズ
全音符 1/1
2分音符 1/2
4分音符 1/4
8分音符 1/8
16分音符 1/16

 

その他、1/32、1/64、1/128まである

下記の休符を入れる際は、空白にすればよい。

休符 クオンタイズ
全休符 1/1
2分休符 1/2
4分休符 1/4
8分休符 1/8
16分休符 1/16

 

1-2 3連符とクオンタイズ

そのほかの音符と休符クオンタイズその他

3連符 クオンタイズ
2拍3連符 1/2 3連符
1拍3連符 1/4 3連符
8分3連符 1/8 3連符
16部3連符 1/16 3連符

 

略の表記:2拍3連符は、1/2 T

1-3 付点の音符とクオンタイズ

付点の音符と休符は下記で考えます。

付点 クオンタイズ
付点2分音符 1/2 付点
付点4分音符 1/4 付点
付点8分音符 1/8 付点
付点16分音符 1/16 付点

 

略の表記:符点8分音符は、1/8 D

その他、1/32付点、1/64付点まで使用出来る

このうちで、頻繁に使用するのは、最初の基本の音符と休符です。

この2つとクオンタイズの関係が、頭と耳(音)で理解できないと、他の音符も理解が難しくなります。

 

おわりに

音符の長さの理解は、MIDI打ち込みの第1歩です。何度も繰り返し入力して早く出来るように頑張りましょう♪

関連記事:CUBASEでBASSを打ち込みする際のポイント

関連記事:CUBASEで便利なショートカットキー【大切】

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-CUBASEでMIDI打ち込み

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.