DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

DTM講師日記

自作ハイスペックPC(パソコン)

更新日:

時期にあわせてDTM PC環境を書いております。

1. 2016年現在のDTM PC

筐体:Fractal Design(フラクタルデザイン)

OS:Windows10×2、Windows7

CPU:Core i 7 2600K 3.4Ghz Sundy Brige

メモリー:CFD製 8GB×2

SSD:Intel製240GB×2個、CFD製1個240GB

HD(ハードディスク):HITACHI 2TB、WESTERN DIGITAL 3TB 

グラフィックボード:MSI グラフィックボード AMDシリーズ R5770 Hawk

CPUクーラー:サイズ 虎徹SCKTT-1000

電源ユニット:ANTEC(アンテック)

マウス:CORSAIR(コルセア)M30

キーボード:Logicool(ロジクール)K800

 

2. 2011年 DTM PC(パソコン)を自作しました

以前は、マウスコンピューターのPCに、

OS:WINDOWS 7(64bit)

CPU:CORE 2 QUAD(Q8400)(2.66GHz)

メモリー:マウスコンピューター製(4GB)

マザーボード:GIGABYTE EP45-UD3L

CPUクーラー:サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000

ハードディスク:WESTERN DIGITAL 1TB

グラフィックボード:MSI グラフィックボード AMDシリーズ R5770 Hawk

電源:マウスコンピューター製(500W)

PCケース:マウスコンピューター製(黒)

という形で、自作しました。

これをオーバークロックして(3.4GHz)使用していたのですが、一部生徒のファイルが、当教室でもたつくということが起こりまして、このたび今年2度目の自作をしました。

 

今回は、下記のような構成で、ハイスペックPCを組みました。

OS:WINDOWS 7(64bit)

CPU:Core i 7 2600K(3.4GHz)

メモリー:シー・エフ・デー販売 DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2(8GB)

マザーボード:ASUS P8Z68-VPRO

CPUクーラー:サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000

SSD:インテル 510Serise SSDSC2MH120A2K5

ハードディスク: 2TB WESTERN DIGITAL WD20EARX [2TB SATA600]

グラフィックボード:MSI グラフィックボード AMDシリーズ R5770 Hawk

電源:玄人志向 700W

PCケース:Cooler Master PCケース Black筐体 RC-692-KKN1 (CM 690 II Plus)

 

今回のパソコンの中で、今までの自作マシンと大きく違うのは、SSDを入れたことですね。

SSDでは、ソフトの立ち上がりが圧倒的に早いです。

授業中にCUBASEのファイルなどを開く際に、生徒の皆さんを待たせなくなったのでとても助かっています。

また一部生徒の皆さんが、家で行ってきたMIXファイルが、当教室のPCでも楽になりました^^。

ただ、120GBしかないので、ハードディスクのデータ管理が、少し大変ですね。

現在は、主要のシーケンスソフトとソフト音源で、約80GB使用しているので、あと20GBくらいしか使えそうにありません。

ですので、ミュージックデータなどは、すべてEドライブに保存しています。

SSDはオススメですよ♪

今度パソコンを購入する際は、SSDを検討してみてください。

おわりに

関連記事:MacBook ProでDTMをする際の選び方

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-DTM講師日記

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.