DTMメソッド

*

CUBASEでマーカートラックを使おう

   

曲を作っていくと、AメロやBメロはどの小節から始まり、サビはまたどこから始まるのか、分からなくなってくると思います。

一般的な曲の構成は、「イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→間奏〜」だと思いますが、それらをCubaseへ入力する方法があります。本日はその方法をご説明したいと思います。
※Cubase LEAI含む全バージョン対応の内容

マーカートラックを作ろう

まずは、メニューの中の、

 

プロジェクト

トラックを追加

マーカーをクリック。

すると、下記のトラックが表示されると思います。

maka.jpg

 

イントロとマーカーを追加する方法

では、1小節目に イントロ とマーカーを入れる場合のやり方を説明します。

まずは、CUBASEの再生するときの再生カーソルを1小節目にもって行きます。maka3.jpg

 

次に、下記画面マーカートラックの矢印の部分「マーカーの追加」をクリックしてください。maka2.jpg

 

すると、下記の表示が出ると思います。maka4.jpg

 

最後は、下記画面の左上の矢印部分内容というところに、イントロと入力してください。maka5.jpg

そうすると、先ほどのところにイントロと入力されます。

 

同じ方法で、1Aメロ、1Bメロ、1サビ、間奏などと入力していくと、どこからがAメロなのかサビなのかが分かりやすくなります。

そして、トランスポートパネルの左部分で、マーカーの入力した場所で移動するので、MIDI編集や再生などがやりやすくなります。

とても便利なマーカートラック、使用してみてくださいね。

 

さいごに

曲全体を直感的に理解できるようにすることも、曲作りをする上で大切ですよ。

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

関連記事:フォルダトラックの使い方

 - CUBASEの使い方

メソッド

メソッド

  関連記事

オーディオファイルの作り方
オーディオファイルの作り方(ミックスダウン)

MIXDOWN(ミックスダウン)は、オーディオファイル(音の波形、オーディオサン …

トランスポートパネルのカスタマイズ
トランスポートパネルのカスタマイズ

再生や録音ボタン、テンポや拍子を変えたり、クリックやプリカウントを入れたりする様 …

CUbase ピッチベンドを使おう
Cubase ピッチベンドを使ってリアルな楽器表現をしよう

MIDI打ち込みをリアルにする際や、一部楽器の奏法を細かく入力する際に使用するP …

プロジェクトファイルの保存の方法
CUBASEプロジェクトファイルの保存の方法

Cubaseでは、途中まで作ったファイルを保存して、また後日その続きから行う事が …

サイドチェインの使い方
Cubase サイドチェインの使い方【EDM必須】

サイドチェインといったら、海外のEDM(エレクトロダンスミュージック)で使われて …

テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法
テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法

CubaseのTEMPO(テンポ)に関するやり方をご説明します。 ※Cubase …

CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語
CUBASEで最低限知っておきたい音楽用語

CUBASEには色々なDTM用語がありますが、その中でよく使われる機能や用語をお …

音楽CDやSAMPLINGCDを取り込もう
音楽CDやSAMPLINGCDを取り込もう!

音楽CDや、SAMPLING(サンプリング)CDを、CUBASEに取り込めるって …

CUBASE初心者講座
Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

Cubaseでは、色々な方法で作曲・編曲が出来ますが、色々な方法があるためにかえ …

曲の途中で拍子を変える方法
【Cubase】曲の途中で拍子を変える方法

前回は、テンポを変える方法「 テンポチェンジ 曲の途中でテンポを変える方法 」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ