DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

CUBASEの使い方

CUBASE以前作ったファイルとバックアップファイルの開き方

更新日:

Cubaseは以前保存したプロジェクトを、再度開いて続きの作業を行う事が出来ます。

前回の内容「CUBASEプロジェクトファイルの保存の方法

そして、バックアップファイルの開き方も含めてご説明したいと思います。
※Cubase 上位版〜Cubase AI 8まで対応内容

1. 以前作ったファイルの開き方

まずメニューから

開くをクリック

すると下記Windowが表示されると思います。

プロジェクトファイルの開き方

前回保存したファイルの場所へ移動し、見つかったらダブルクリックで開きます。

通常は、ドキュメントの中の、Cubase Projectのフォルダに保存されているはずです。

 

 

もしも前回どこに保存したかが分からない場合は、

Cubaseのメニューから

最近使用したプロジェクトを見ると開いたプロジェクトファイルが見つかります。

 

2. バックアップファイルの開き方

バックアップファイル

バックアップファイルは、Cubaseを使用していると15分おきに自動的に出来るファイルの事で、プロジェクトファイルが壊れたり、前の作業へ戻る際にとても便利な機能です。これは、通常の方法では開かないので、そのやり方を説明します。

まずは、メニューのファイルから

開く

するとWindowが表示されて開くファイルを選べると思います。

バックアップファイル開く

下の所にあるファイルの種類右のCubase プロジェクトファイル(.cpr)の種類を選んで、すべてのファイルを選びます。

すると .bakというファイルが出ますので、それを選びクリックするとファイルが開けます。

 

さいごに

プロジェクトの開き方をしっかりと覚えましょう。

関連記事:Cubase初心者講座 超簡単な曲作りで使い方を覚えよう

関連記事:トランスポートパネルのカスタマイズ

dtmメソッドPC

dtmメソッドPC

-CUBASEの使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.