DTM・DAWの ソフトや機材の使い方を書いたサイト

DTMメソッド

GarageBand使い方

GarageBand初心者講座 1から曲作りの方法を学ぼう!

更新日:

Apple Mac OSに付属でついているアプリのGarageBand(ガレージバンド)

付属ソフトですがうまく使いこなすと、そこそこクオリティの高い曲が作れます。

またこのソフトの使い方を覚えた後で、プロクオリティの曲を作りたい際は、Apple Logic Pro Xヘ変更すれば使用感がとても似ておりますので、スムーズに移行できます。

今回は、ガレージバンドを使って曲作りをしてみたいDAW初心者の方へ向けて、1から曲を作るまでの方法を説明しております。

順にみながら勉強すると、理解出来ますよ。頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

dtmメソッドモバイル

こんな曲にチャレンジして学んでいこう

下記のような、ドラム、ベース、ピアノのシンプルな構成の8ビートRockを作ってみましょう。

 

オーディオインターフェースの設定

まずは、オーディオインターフェースのからGarageBandの音を出す設定を行ないます。

オーディオインターフェースを持っていない場合は、読み飛ばしても大丈夫です。

▶ GarageBand I/Fの設定【環境設定】

 

新規プロジェクトの立ち上げ方

オーディオインターフェースの設定をしたら、次は新しいプロジェクトを立ち上げて見ましょう。

選ぶファイルは、Pianoです。

▶ GarageBand 使い方①新規プロジェクト

 

便利なショートカットキー

GarageBandには色々なショートカットキーがついています。

作業効率を上げるために、Macキーボードのショートカットキーを覚えましょう。

▶ GarageBand 使い方②ショートカットキー

 

トラックを増やして音源を変えてみよう

新しいトラックを作って、MIDIを入力しよう。

▶ Garageband トラックを増やして音源を変えてみよう

 

ドラムの打ち込みを学んでみよう

下記5つの音を使って、ドラムを上記画像のように打ち込んでみましょう。

バスドラム(C1)、スネア(D1)、ハイハット(F#1、A#1)、シンバル(E2、C#2)、タム(F1)

▶ GarageBand ドラムの打ち込みを覚えよう

 

MIDIの打ち込みを覚えると、下記MIDIフレーズを自分好みに変化させられますよ。

ドラムループフレーズを使おう

GarageBandには、Apple LoopsというオーディオループやMIDIの様々な楽器のループフレーズがついております。

その中から好きなドラムのループを出して見ましょう。

▶ Garageband MIDIやオーディオループフレーズを使ってみよう

 

ベースの打ち込みにチャレンジしてみよう

ベースの打ち込みは、コードのルートの音から入れていきましょう。

今回のコード進行は、CM→GM→Am→FMです。

8分音符で、上記のように打ち込みしてみましょう。

▶ GarageBand ベース(BASS)をリアルに打ち込みしよう

 

ピアノの打ち込みをチャレンジ

▶ 記事作成中

 

ミックスに挑戦しよう

▶ 記事作成中

 

曲を書き出してネットにアップしよう

曲が出来たらiTunesやiPhoneでけるように2Mixにしましょう。

▶ GarageBandで書き出し(2Mix)を正しくする方法

 

出来た曲をCDにしよう!

いよいよ、曲の方が出来ましたね。最後はCDにして音楽活動に役立てましょう。

▶ iTunesを使ってCDに焼こう!

▶ WINDOWS MEDIAPLAYERでCDに焼こう!

▶ ミキシング(ミックス)のレベルアップをしたい人へ

dtmメソッドモバイル

-GarageBand使い方

Copyright© DTMメソッド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.